WipeDisk

指定したハードディスクにデータを上書きし、元データを復元できないように消去する


ソフト詳細説明

14種類の消去方法から選択してデータを上書きし、ハードディスクに保存されているデータを復元できないように完全消去するソフト。

エクスプローラなどを用いてファイル削除を実行しても、ファイルの保存場所が「ごみ箱」に変更されるだけで、いつでも元に戻すことができます。「ごみ箱を空にする」を実行しても、「削除済み」という情報がファイルに付加され、データが上書き可能な状態になるものの、データは残った状態で、復元ソフトでデータを復元することがdけいます。このように、ハードディスクを処分するときにデータをすべて削除しても、復元されてしまう可能性があります。

「WipeDisk」を使えば、ハードディスクの記憶エリアにデータを上書きし、復元しても内容を参照されない状態にして完全消去できます。インストール不要で、ダウンロードして解凍し、実行ファイルを起動すれば利用できます。

起動したら、「Extras」→「Sprache/Language」→「Japanese」の順に実行して、日本語化してから利用しましょう。

はじめに、「消去メソッド」セクションで、データの上書き方法を指定します。▼をクリックし、ドロップダウンリストボックスから消去メソッドを選択します。各リストの末尾に表示されている(1×)、(2×)、……(7×)、(35×)の数値は、データを何回上書きするかを示し、数値が大きいほど安全性が増しますが、作業時間が長くなります。

「WipeDisk - 低秘匿(1×)」「WipeDisk - 通常秘匿(2×)」「MS Cipher(3×)(Windowsが備えるデータ完全削除ツール「Cipher.exe」による上書き)」「WipeDisk - 高秘匿(4×)」を目安に選択すると便利です。

次に「ドライブ選択」でデータを上書きして完全消去するドライブを指定し、「データ消去」ボタンをクリックします。「ドライブの選択」ウィンドウが表示されたら、表示される4文字のアルファベットを入力してデータを上書きする意思確認を行ったのち、ハードディスク内のデータを完全消去します。

動作環境

WipeDiskの対応動作環境
ソフト名:WipeDisk
動作OS:Windows 7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: Gaijin.at 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

復元  ハードディスク  消去  上書き 


「削除」カテゴリーの人気ランキング

  1. DupFileEliminator 重複ファイルや類似画像ファイルを検索し、削除・移動・置換を行う(ユーザー評価:3.5)
  2. FileMany 重複ファイル検索削除 重複するファイルを高速に検索、削除してHDDの空き容量を増やす(ユーザー評価:3)
  3. きれい好きのごみ箱 きれい好きの人にお勧めするごみ箱で、ごみの数をアイコントレイに表示(ユーザー評価:0)
  4. FavDuplicateMovieChecker 複数のフォルダから重複する動画を高速検索して、サムネイルで内容を確認しながら削除する(ユーザー評価:3.5)
  5. Moo0 HDD掃除機 要らないファイルを掃除(ユーザー評価:0)

「ファイル管理」カテゴリのソフトレビュー

  • あれ?どこだっけマルチサーチ - 大事なファイルが見つからない、そんな時に!名前は忘れたけど、中身の分かっているファイルを探します
  • AnyTrans 8 - iPhone、iPadとパソコンの間で、音楽や画像等のデータを簡単に転送&バックアップ
  • FileRenamerSpecific 1.1.1 - ファイルの持つ“記号番号”を活かしながら、説明などを加えて名前を変更する、ユニークなリネームソフト
  • dINDEX.2 2.13.00 - 実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
  • AppSitter 1.0.0.20180709 - iOSデバイスのアプリの管理やホーム画面アイコンの整理をパソコンを使って快適に行える

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック