拡張セキュアアーカイバー

クラウドストレージへの保管を考えたアーカイバー


ソフト詳細説明

本製品は展開(解凍)時に必要となるキーファイルを自動生成し、アーカイブファイルとキーファイルとを別々に管理することで、第三者によるアーカイブファイルの展開を困難にすることを目的としたアーカイバーです。


【開発コンセプト】
クラウドストレージにファイルを保管する場合、なにかしらの手段でファイルが第三者へ渡ってしまうのではないかという不安が付きまといます。
そこで『クラウドストレージへの保管を考えた、重要なファイルの保管に“パスワード保護だけではない”という安心感』をコンセプトに開発いたしました。


【機能概要】
・アーカイブファイル作成時に、展開に必要なキーファイルを自動生成。
・アーカイブファイル展開時には、パスワードとキーファイルが必要。
・同じファイルをアーカイブしても、キーファイルは毎回異なるものを作成。このため、アーカイブファイル作成時に生成されたキーファイル以外での組み合わせでは展開不可。
・アーカイブファイルは標準暗号化方式AESで暗号化。


【制限事項】
本製品は使用版となります。試用期間中は試用版であることのメッセージが出力されます。


【製品情報】
詳しい製品仕様、支払い方法は当社ホームページを参照ください。
http://www.exceedone.co.jp/esa

利用条件・試用期間中の制限など

・試用版は製品版の全機能が利用できます。
・試用期間中は試用版であることのメッセージが出力されます。
・試用版は本製品の評価を目的としたものであり、継続してご利用になる場合は、ライセンスをご購入頂く必要があります。

動作環境

拡張セキュアアーカイバーの対応動作環境
ソフト名:拡張セキュアアーカイバー
動作OS:Windows 8/7
機種:IBM-PC
種類:シェアウェア:2,700円
作者: (株)エクシード・ワン 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

銀行振り込みあり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

クラウド  ストレージ  アーカイバー  保管 


「アーカイブユーティリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Archive Pass Retriever 失念した圧縮ファイルのパスワードを検索 ZIP/RAR/7z形式に対応(ユーザー評価:2)
  2. パスワード付き圧縮 (zip形式) フォルダー の作成 Windows 8,7,Vistaでは標準の機能で作成出来なくなってしまった、パスワードで保護されたZIPファイルを作成(ユーザー評価:4.5)
  3. LhaForge 多彩な形式をサポートする圧縮解凍ソフト(ユーザー評価:4.5)
  4. Explzh for Windows 大容量ファイル、AES暗号化、Unicode、Windows10 に対応した圧縮解凍ソフト(ユーザー評価:4.5)
  5. 書庫一括操作ユーティリティ Zip、Brotli、Zstandard形式などへの一括圧縮、一括解凍、圧縮形式別の圧縮効率の比較ができる(ユーザー評価:0)

「アーカイブユーティリティ」カテゴリのソフトレビュー

  • 書庫一括操作ユーティリティ 2.5.0.1 - 圧縮形式別での圧縮効率をテストできる。複数書庫の一括圧縮・解凍に最適なアーカイブユーティリティ
  • ギュギュっと超圧縮PRO 1.0.0 - 圧縮後のファイルを対応アプリケーションでそのまま開いて編集できる。解凍操作不要の“ファイル軽量化ソフト”
  • Ashampoo ZIP Pro 2 2.00.38 - 暗号化・署名によるファイルの保護やクラウドサービスへのアクセスなどにも対応した“統合型”圧縮・解凍ソフト
  • FileOptimizer 9.70.1745 - シンプルなインタフェースで使いやすい。275以上の拡張子に対応したファイルサイズ削減ソフト
  • WinMount 3.5.1018 - 仮想ドライブ機能も備えた、シンプルなインタフェースのアーカイブユーティリティ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック