OS X Mavericks Transformation Pack

デスクトップを「OS X Mavericks」風に変化させられる


ソフト詳細説明

Windowsデスクトップを「OS X Mavericks(10.9)」風に変えられるソフトです。Mavericksは「OS X Mountain Lion(10.9)」の後継バージョンとして、2013年6月10日に発表されました。

「OS X Mavericks Transformation Pack」をセットアップすると、デスクトップの壁紙が、Mavericksに似たデザインに変わり、タスクバーがデスクトップ上段に移動します。

本物のMavericksでは、画面左上に「Apple」のボタンが表示されますが、Windows環境では「Windows」ボタンが表示され、その横に「クイック起動バー」に登録したアイコンが並んで表示されます。タスクトレイの常駐アイコンは右上に表示され、Mavericksにルックスは似ているものの、Windowsの機能や使い勝手は残されています。

デスクトップ下段には、OS Xでお馴染みのアイコンが並び、例えば「Launchpad」をクリックすると、iPad/iPhoneのようにデスクトップ全体に大きなランチャパッドが表示され、ボタン(アイコン)クリックでプログラムを起動したり、ファイル/フォルダにすばやくアクセスしたりできます。

アプリケーションを起動すると、タイトルバー右上の「最小化」「最大化(or元に戻す)」「閉じる」ボタンのデザインもMavericks風に変化しています。コントロールパネルの「個人設定」には「Mavericks」というテーマが追加されます。

アイコンはiOS7風のデザインのものが使われています。

動作環境

OS X Mavericks Transformation Packの対応動作環境
ソフト名:OS X Mavericks Transformation Pack
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: ThemeMyPC.com 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

デスク  OS  Mavericks 


「デスクトップ設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. 最前面でポーズ Pauseキーで任意のウィンドウを最前面に表示(ユーザー評価:4.5)
  2. PlainDesktop デスクトップ操作ツール(ユーザー評価:0)
  3. Winrise マウスポインタを画面端に移動すると予め指定しておいたウィンドウを一時的に表示(ユーザー評価:0)
  4. 7+ Taskbar Tweaker Windows 7/8/8.1/10で動作する、タスクバーを微調整するプログラム(ユーザー評価:0)
  5. 絶対領域。 作業領域を設定してウィンドウを最大化しても画面端にスペースを保持する(ユーザー評価:4)

「デスクトップ設定」カテゴリのソフトレビュー

  • 7+ Taskbar Tweaker 5.4 - タスクバーの動作・表示をマスクスリックだけで簡単に“微調整”し、自分好みにカスタマイズできるソフト
  • でかく見たいねん2 2.80 - 最大1200%までの拡大に対応。ちらつき防止にも配慮された、ディスプレイの部分拡大表示ソフト
  • PlainDesktop 5.3 - デスクトップごとに異なる背景を設定でき、切り替えも簡単。幅広いユーザ層に対応する、使いやすい仮想デスクトップソフト
  • Winrise 1.00 - マウスポインタのデスクトップ端への移動で、あらかじめ指定しておいたウィンドウがサッと表示される
  • TidyTabs Personal 1.2.0 - デスクトップを効率よく整理。指定ウィンドウをタブインタフェースにできる“アプリケーショングループ化”ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック