WinRoll

タイトルバー上の右クリックでロールアップし、タイトルバーだけの表示に変更


ソフト詳細説明

ウィンドウのタイトルバーの右クリックで、タイトルバーだけの表示(ロールアップ)にできるユーティリティ。元のウィンドウに戻す時も、タイトルバー上で右クリックします。

複数のアプリケーションを起動すると、ウィンドウの切り替えが煩雑になります。タスクバーのアイコンクリックや【Alt】+【Tab】などで切り替えますが、ウィンドウの大きさを変更してその一部を見える状態にしておき、ウィンドウの一部をクリックして切り替える方法もあります。

「WinRoll」は、タイトルバーの右クリックでタイトルバーだけの表示にし、ウィンドウ切り替えをスムーズに行えるようにするソフトです。デスクトップを効率よく使いたいときに便利です。

透明度を0〜100%の間で設定する機能や、最小化時にタスクバーにアイコン表示せずに、タスクトレイへアイコン表示させる機能も備えています。タスクトレイの最小化では、タスクトレイに直接表示する以外に、タスクトレイの「WinRoll」アイコンのコンテキスト(右クリック)メニューに格納する方法があります。その場合、「WinRoll」のアイコンを右クリックし、「Minimized(最小化)」を実行して一覧から選択し、元に戻せます。

キーボードと右クリックとを組み合わせ、

(1)タスクトレイに格納:「最小化」ボタン上で【Shift】+右クリック
(2)常に最前面に表示:「閉じる」ボタン上で【Shift】+右クリック
(3)ウィンドウの透明化:【Shift】+右クリック

をすばやく実行することも可能です。

動作環境

WinRollの対応動作環境
ソフト名:WinRoll
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: Wil Palma 

ユーザーの評価(1人):2.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

右クリック  タイトルバー  ロールアップ 


「デスクトップ設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. 最前面でポーズ Pauseキーで任意のウィンドウを最前面に表示(ユーザー評価:4.5)
  2. Winrise マウスポインタを画面端に移動すると予め指定しておいたウィンドウを一時的に表示(ユーザー評価:0)
  3. 7+ Taskbar Tweaker Windows 7/8/8.1/10で動作する、タスクバーを微調整するプログラム(ユーザー評価:0)
  4. PlainDesktop デスクトップ操作ツール(ユーザー評価:0)
  5. 絶対領域。 作業領域を設定してウィンドウを最大化しても画面端にスペースを保持する(ユーザー評価:4)

「デスクトップ設定」カテゴリのソフトレビュー

  • 7+ Taskbar Tweaker 5.4 - タスクバーの動作・表示をマスクスリックだけで簡単に“微調整”し、自分好みにカスタマイズできるソフト
  • でかく見たいねん2 2.80 - 最大1200%までの拡大に対応。ちらつき防止にも配慮された、ディスプレイの部分拡大表示ソフト
  • PlainDesktop 5.3 - デスクトップごとに異なる背景を設定でき、切り替えも簡単。幅広いユーザ層に対応する、使いやすい仮想デスクトップソフト
  • Winrise 1.00 - マウスポインタのデスクトップ端への移動で、あらかじめ指定しておいたウィンドウがサッと表示される
  • TidyTabs Personal 1.2.0 - デスクトップを効率よく整理。指定ウィンドウをタブインタフェースにできる“アプリケーショングループ化”ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック