Net_DrvSet

自動遅延ネットワークドライブ割当


ソフト詳細説明

★起動時に遅延させて再接続させる ( 「ネットワークドライブに再接続できませんでした。」が表示される。)

これらの理由から、辿り着いた結果は、どうやら PC起動時に 完全に起動完了する以前にWindows標準の機能が働き

「ネットワークドライブに再接続できませんでした。」 になっている様なので遅延させて接続する方法が「吉」の

様です。

「Net_DrvSet」はそれを、自動(手動でも可) で遅延させて再接続させるプログラムです。

☆推奨・システム要件 等

●OS・・・Windows XP Service Pack 3以上

インストール(Ner_DrvSet)

・インストール不要。Ner_DrvSet.exe本体は、単体で動作します。

アンインストール(Ner_DrvSet)

・フォルダごと削除。

●ソフト「Ner_DrvSet」以外に・・・実行環境である.NET Frameworkランタイムをインストールする必要があります。

.NET Framework4.0となります。

動作環境

Net_DrvSetの対応動作環境
ソフト名:Net_DrvSet
動作OS:Windows 7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: kokorico 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ドライブ  遅延  割当 


「起動・パーティション管理等」カテゴリーの人気ランキング

  1. AOMEI PE Builder より便利で完全なWindows PEベースのブータブルメディアを作成できる(ユーザー評価:0)
  2. WinToFlash USBメモリをはじめとした各種メディアからのWindowsのインストールを可能にする(ユーザー評価:0)
  3. UNetbootin OSインストール用のUSBメモリを簡単に作れる(ユーザー評価:0)
  4. OS Select Windows2000対応の、デュアルブート環境のOS切替支援ツール(ユーザー評価:3.5)
  5. WinReboot WINDOWS NT,2000,XPのマルチブート環境で、再起動時のOSエントリーを変更して再起動(ユーザー評価:3.5)

「起動・パーティション管理等」カテゴリのソフトレビュー

  • AOMEI PE Builder 1.3 - より便利で完全なWindows PEベースのブータブルメディアを作成できる
  • UNetbootin 5.81 - LinuxをはじめとしたOSのインストール用USBメディアを作成できるソフト
  • WinToFlash 0.7.0020 beta - 簡単な設定でUSBメモリをWindowsのインストーラにできるソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック