窓影8

Windows8のウィンドウに影をつける


ソフト詳細説明

Windowsは8からウィンドウに影をつける効果が無効になりました。
Windows7の影はDWM(Desktop Window Manager)内で作成されている為、非常に低負荷で高速な描画が行われています。
当然、Windows8のDWMに改変を加えれば、Windows7を再現することは可能です。
ですが、DWMの改変はWindowsシステムの改変ですので、Windows Updateが失敗したりと危険がつきものです。

窓影8はDWMを改変せず、あくまでソフト的に影を実装しています。
当然ですが、システム負荷は大きいです。(無駄な負荷をかけないようには努力してますが…)
古くは(Y'z Shadow)がWindowsXP 時代に実装した方法を真似ています。
しかしながら、時代は代わりWindowsXPでは容認されていた実行指令がセキュリティの厳しいWindows8では一部動作しないように変更されているため、
窓影8はこれを上手に回避する設計がされています。

管理者権限で動作しているアプリケーションには影が付きません、
管理者アプリを一般アプリが操作できたらそれはセキュリティーホールですから。
窓影8を管理者権限で実行すれば影が付きますがおすすめはしません。

動作環境

窓影8の対応動作環境
ソフト名:窓影8
動作OS:Windows 8
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: 赤尾 鉄平 

ユーザーの評価(3人):3.5
コメント:3
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ウィンドウ 


「デスクトップ設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. 最前面でポーズ Pauseキーで任意のウィンドウを最前面に表示(ユーザー評価:4.5)
  2. 7+ Taskbar Tweaker Windows 7/8/8.1/10で動作する、タスクバーを微調整するプログラム(ユーザー評価:0)
  3. PlainDesktop デスクトップ操作ツール(ユーザー評価:0)
  4. 絶対領域。 作業領域を設定してウィンドウを最大化しても画面端にスペースを保持する(ユーザー評価:4)
  5. 大きなタスクトレイ 任意のアプリをタスクトレイに登録してマウスカーソルの近くにタスクトレイを表示して操作できる(ユーザー評価:3.5)

「デスクトップ設定」カテゴリのソフトレビュー

  • 7+ Taskbar Tweaker 5.4 - タスクバーの動作・表示をマスクスリックだけで簡単に“微調整”し、自分好みにカスタマイズできるソフト
  • でかく見たいねん2 2.80 - 最大1200%までの拡大に対応。ちらつき防止にも配慮された、ディスプレイの部分拡大表示ソフト
  • PlainDesktop 5.3 - デスクトップごとに異なる背景を設定でき、切り替えも簡単。幅広いユーザ層に対応する、使いやすい仮想デスクトップソフト
  • Winrise 1.00 - マウスポインタのデスクトップ端への移動で、あらかじめ指定しておいたウィンドウがサッと表示される
  • TidyTabs Personal 1.2.0 - デスクトップを効率よく整理。指定ウィンドウをタブインタフェースにできる“アプリケーショングループ化”ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック