Hyper-V簡易コントローラー

Hyper-V Server 2008 R2上で仮想マシンの開始または保存をする


ソフト詳細説明

【ソフト紹介】
Hyper-V Server 2008 R2上に作成された仮想マシンの一覧を表示し、仮想
マシンの開始、保存を行うアプリケーションです。

Hyper-V Serverは無償で提供されたWindows Server 2008ベースのOSですが、
GUIがないのが唯一にして最大の欠点です。
どうやら標準で.NETのプログラムが動くようなので、GUIを作ってみました。

【インストール方法】
1.HVController.exeをHyper-Vサーバー上の任意のフォルダーにコピーします。
※Hyper-Vサーバー上で共有フォルダーを作っておく必要があります。
例) >net share public=C:\Users\Public /grant:Everyone,FULL

【使い方】
1.Hyper-V Server上でHVController.exeを起動すると、そのコンピューターで
作成済みの仮想マシンと状態の一覧が表示されます。
2.仮想マシンを開始する場合、対象の仮想マシンを選択し、開始ボタンを
クリックしてください。
3.仮想マシンを保存する場合、対象の仮想マシンを選択し、保存ボタンを
クリックしてください。

【注意点】
・仮想マシンを終了する場合、ゲストOSにログインし、シャットダウンコマンドを
使って終了してください。
・仮想マシンの新規作成はできません。Windows7マシンからMicrosoftのHyper-V
マネージャーを使って作成してください。

【その他】
・動作確認は行っていませんが、Hyper-V ServerがWindows Serverをベースに
したシステムである以上、Windows Server 2008 R2上でも動作する気がします。

動作環境

Hyper-V簡易コントローラーの対応動作環境
ソフト名:Hyper-V簡易コントローラー
動作OS:その他
機種:x64
種類:フリーソフト
作者: BOSS_ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

仮想  開始  Hyper  Server 


「その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. Meiryo UIも大っきらい!! なぜか標準で画面のフォント設定ができないWindows 8.1/10の画面のフォントを設定する(ユーザー評価:4.5)
  2. フォルダのアイコンを変更 エクスプローラの右クリックメニューから、フォルダのアイコンを簡単に変更できる(ユーザー評価:4)
  3. BlueScreenView ブルースクリーンになった原因を解析し、エラー原因のドライバの特定を支援する(ユーザー評価:4.5)
  4. Bell The Cat CPU,RAM使用率表示/様々な履歴を保存/自動的にボタンを押す(ユーザー評価:0)
  5. Voice Rep 3 シリーズ 高性能なのにお手頃価格の音声認識ソフトVoice Rep 3(ボイスレップ3)シリーズ(ユーザー評価:0)

「その他」カテゴリのソフトレビュー

  • Voice Rep PRO 3 3.000 - 認識結果がリアルタイムでエディタに転送され、さらに使いやすくなった高性能音声認識ソフトの新バージョン
  • 目に優しい画面 0.9.0.7 - ディスプレイの色温度と輝度を目に優しい設定に変更。インストールするだけで“即”使える“ブルーライトカット専用ソフト”
  • MiGrep2 1.0.6.0 - Office/PDFファイルなどの検索も可能。エクスプローラのコンテキストメニューからも利用できる、軽快なGrepソフト
  • Memo Painter 1.92 - “動く壁紙”を作ることもできる。透明度を指定したり、マーカーを使ったりも可能な手書きメモソフト
  • Dr.Folder 2.2.0.0 - 複数フォルダの一括変更やシステムデフォルトアイコンの変更も可能。簡単操作のフォルダアイコンカスタマイズソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック