国際標準準拠 CMS対応暗号・復号ユーティリティ

CMS(PKCS#7/RFC.5652)対応に対応した暗号/復号ソフトウェア (SIMD(SSE2)命令対応)


ソフト詳細説明

単一ファイルに対して、暗号・復号を行うソフトウェアです。
本ソフトウェアは、暗号化ファイルのフォーマットや、各種のアルゴリズム(暗号関数、ハッシュ関数、パスワード処理)について、国際的な標準類(ITU, Fips, PKCS, JIS, RFC等)に準拠しているため、これらに準拠している他のソフトウェアと互換性があります。

また、AES暗号処理部では、アセンブリ言語にてSIME(SSE2)命令セットを使用して記述されているため、従来より高速に処理可能です。

《注意》
CUI(コマンドライン・ユーザー・インターフェイス)アプリケーションです。
暗号のみ対応です。電子署名(Signed-data Type)等には対応していません。


■対応ファイル形式
━━━━━━━━━━━━
《暗号化ファイル》
・CMS … 暗号メッセージ構文(PKCS#7の上位規格です)
対応データタイプ
(1) 暗号化データ(Encrypted-Data)
(2) 封筒化データ(Enveloped-Data) … パスワードによる鍵管理にのみ対応

《暗号鍵ファイル》
・PKCS#8 … 秘密鍵構文


■対応アルゴリズム
━━━━━━━━━━━━
《コンテンツ用暗号アルゴリズム》
・DES-CBC … ※政府承認暗号から削除されました。
・DES-3EDE-CBC … ※推奨されません。
・AES-128-CBC
・AES-192-CBC
・AES-256-CBC

《鍵管理アルゴリズム》
・id-alg-PWRI-KEK (※パスワードによる暗号鍵管理の手法です)

《鍵導出アルゴリズム》 (※パスワード文字列から、暗号鍵を計算する関数です。)
・PBKDF2

《メッセージ認証符号》 (※"PBKDF2"で使う、鍵つきハッシュ関数です。)
・HMAC-SHA-1
・HMAC-SHA-224
・HMAC-SHA-256

《疑似乱数》 (※セッション鍵や、初期化ベクタIVに用います。)
・Mersenne Twister + SHA-256

動作環境

国際標準準拠 CMS対応暗号・復号ユーティリティの対応動作環境
ソフト名:国際標準準拠 CMS対応暗号・復号ユーティリティ
動作OS:Windows 7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: S.W. 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

暗号  復号  RFC  SIMD  PKCS  SSE 


「暗号」カテゴリーの人気ランキング

  1. USBメモリのセキュリティ 市販のUSBメモリに暗号化機能を追加! USBメモリのデータをパスワードで保護する/使えるセキュリティツール(ユーザー評価:3.5)
  2. EncSecure Lite ドラッグ&ドロップだけの簡単操作でファイルを強力に暗号化!(ユーザー評価:3.5)
  3. セキュリティ・ウェアハウス-mini 暗号技術AES(米国政府標準)採用の簡単・シンプルで強力な暗号化ソフト! Win10対応(ユーザー評価:3.5)
  4. ToraTora パスワードだけでなくICカード使った暗号化もできるAES256のファイル暗号ソフト(ユーザー評価:3.5)
  5. FileCapsule Deluxe Portable 簡単な操作で強力な暗号化を高速に行える持ち運び可能なファイル・フォルダ暗号化ソフト AESとRSAを採用(ユーザー評価:4.5)

「各種セキュリティ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック