ExecS

汎用連続実行ツール QuickPar用設定、WinRAR用設定、単純分割ファイル結合用の設定済


ソフト詳細説明

拡張子別に実行方法を制御できる連続実行ツール

ExecS (「いぐぜくす」と発音します) は、任意のファイルを連続的に実行させることができるアプリケーションです。
元々は大量の圧縮ファイルを効率よく解凍するために作りましたが、その他の用途への対応のため、できるだけ柔軟な設定ができるようにしてあります。

このアプリケーションの特徴は以下のとおりです。

(1)前のファイルの実行完了を待って次のファイルの実行を開始することができます。
(2)処理が終わっても終了しないプログラムを、CPU使用時間を監視して終了させることができます。
(3)ファイルのドロップで実行するファイルを登録するだけの簡単操作です。
(4)拡張子毎に実行条件を設定できるので、ファイル単位で条件を設定する必要がありません。
(5)拡張子の設定を複数作って、簡単に切り替えることができます。
(6)簡易的なバッチファイル実行環境としても使えます。

動作環境

ExecSの対応動作環境
ソフト名:ExecS
動作OS:Windows 7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 酢こんぶ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

分割  単純  結合  WinRAR  QuickPar 


「バッチ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. EasyBAT BATファイルのような自動化プログラムをGUIで簡単に作成・実行できる(ユーザー評価:0)
  2. Batch File Builder for WinRAR WinRARのバッチファイルを簡単に作成(ユーザー評価:0)
  3. 並列処理でバッチ処理を高速化するツール MPX 既存のバッチ処理をマルチタスク化しスループットの向上に役立てることが出来る(ユーザー評価:0)
  4. なにあっと naniAT (Windows自動操作) マメでモノグサなエンジニアを応援! 自動テスト, マクロ実行etc.(ユーザー評価:0)
  5. WinCronCommander Windows 上で UNIX の cron のような命令を実行する(ユーザー評価:0)

「バッチ用」カテゴリのソフトレビュー

  • EasyBAT 1.0.0.1 - わかりやすい日本語の“命令”を追加・編集して作成できる、手軽な自動化プログラム作成・実行ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック