CVFR

可変長テキストファイルを固定長テキストファイルに変換する


ソフト詳細説明

可変長テキストファイルをレコード単位に処理し、指定レコード長になるように空白追加または切り捨ての処理を行い固定長テキストファイルを作成するDOSコマンド。
固定長レコードを処理対象とするプログラムの入力ファイル整形を目的に作成したものです。変換後レコード長はバイト数を指定をします。(文字数指定ではない)

動作環境

CVFRの対応動作環境
ソフト名:CVFR
動作OS:Windows XP/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: TOMO 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  テキスト  テキストファイル  固定  可変長 


「テキストファイル用」カテゴリーの人気ランキング

  1. テキスプローラー テキストファイルに特化したエクスプローラー型ビューアー(ユーザー評価:3.5)
  2. LikeGrep 正規表現を用いず、複数の条件で検索ができ、置換などの編集処理も同時に可能(ユーザー評価:0)
  3. 複数テキスト結合 複数のテキストファイル(拡張子自由)を1ファイルにまとめる(ユーザー評価:2.5)
  4. ファイル行数取得 フォルダ内のすべてのファイル行数を一発で取得できる(ユーザー評価:0)
  5. CSVClipper 複数のテキストデータ(CSV等)から必要データのみを抜出し一つのファイルに 間引きにも(ユーザー評価:4.5)

「テキストファイル用」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック