GFileUtility

BCD電卓機能もあるコマンドライン入力型ファイル操作ユーティリティ


ソフト詳細説明

コマンドラインで関数を入力してファイルデータを操作するユーティリティです。
ちょっとしたBCD電卓機能も付いています。ファイルの指定ビットデータ・バイトデータを入力データと論理演算して保存することや指定サイズのファイルの作成や、ファイルの合成、ADLER値やCRC値算出・チェックなどが出来ます。

動作環境

GFileUtilityの対応動作環境
ソフト名:GFileUtility
動作OS:Windows XP/2000
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: GAMAKATTU 

この作品については、作者がコメント・評価を希望しておりません。

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ユーティリティ  電卓  コマンドライン  BCD 


「バイナリファイル処理」カテゴリーの人気ランキング

  1. 猜疑心に満ちた目でファイルを見守るツール ハッシュ値を取得しておき、コピーしておいたファイルが破損していないか確認する(ユーザー評価:0)
  2. HashLister ファイルのハッシュ値(CRC32、MD5、SHA-1、SHA-256、SHA-512等)を計算し、リストを表示/コピー/保存(ユーザー評価:0)
  3. HashSum CRC16, CRC32, MD5, SHA-1, SHA-2, SHA-3, 他多数のハッシュとプラグイン対応HASH/チェックサム算出ソフト(ユーザー評価:4.5)
  4. バイナリ比較 Bn_Cmp 2つのフォルダ、ファイルをバイナリ比較、またはファイル情報比較 巨大ファイルもサンプル比較でサクサク(ユーザー評価:2.5)
  5. チェックサム計算ソフト 指定されたファイルのチェックサムを計算する(ユーザー評価:0)

「バイナリファイル処理」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック