xtail command

ログファイルを標準出力上で監視する時などに便利なコマンドラインツール


ソフト詳細説明

UNIXのtailコマンドに−fオプションを指定した時と似たような動作をします。
xtailコマンドはオプションで指定されたファイル(監視ファイル)の内容を標準出力に出力します。
コマンドが実行されると,ユーザからの中断要求(CTRL+C)が行われるまでファイルを監視し続けます。
監視ファイルに対して行が追記されると,xtailコマンドはそれを検知してその情報を標準出力に出力します。また,ファイルの末尾情報が書き換わった場合(ファイルサイズが小さくなった場合),xtailコマンドは監視ファイルがラップされたものと判断して,監視開始位置(オプション指定可能)からファイルを読み直します。(syslogの監視などに便利です)
また,xtailコマンドはオープンソースのフリーソフトとして提供しており,尚且,各社UNIX(HP-UX, AIX, Solaris...etc)のANSI/C(Linuxならgcc)でコンパイル確認済みですので,UNIX上でもコンパイルしていただければご利用いただけます。

動作環境

xtail commandの対応動作環境
ソフト名:xtail command
動作OS:Windows XP/2000/NT
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Suzuki Plan 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ログ  監視  コマンドライン 


「ファイル管理」カテゴリーの人気ランキング

  1. FastCopy Windows系最速(?)のファイルコピー&削除ツール(ユーザー評価:4)
  2. FolderDiff フォルダの比較ツール(ユーザー評価:4.5)
  3. dINDEX.3 ファイルインデックス管理ユーティリティ(ユーザー評価:4.5)
  4. WatchFile ファイルやフォルダの変更を監視してメールで通知する(ユーザー評価:0)
  5. S's FileMover ファイルを自動的に移動・コピー・削除が出来る(ユーザー評価:0)

「ファイル管理」カテゴリのソフトレビュー

  • あれ?どこだっけマルチサーチ - 大事なファイルが見つからない、そんな時に!名前は忘れたけど、中身の分かっているファイルを探します
  • AnyTrans 8 - iPhone、iPadとパソコンの間で、音楽や画像等のデータを簡単に転送&バックアップ
  • FileRenamerSpecific 1.1.1 - ファイルの持つ“記号番号”を活かしながら、説明などを加えて名前を変更する、ユニークなリネームソフト
  • dINDEX.2 2.13.00 - 実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
  • AppSitter 1.0.0.20180709 - iOSデバイスのアプリの管理やホーム画面アイコンの整理をパソコンを使って快適に行える

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック