Remote Power 2010 Standard Edition

Wake On LAN を使用し、LAN上のコンピューターやNASの電源を遠隔操作


ソフト詳細説明

Remote Power 2010 は、ネットワーク上のコンピューターやNASの電源を遠隔操作するプログラムです。電源のオンには、Wake On LAN を使用します。電源のオフ・再起動などは、遠隔操作したいコンピューター上のOSやNASのモデル毎に対応する接続モジュールを使用します。 非エージェント型のモジュールを使用する場合、遠隔操作される側へソフトウェアをインストールすることなく、コンピューターの電源オフおよび再起動を行うことができます。

電源の遠隔操作が可能なOSは、Windows2000以降 および Linux です。 また、アイ・オー・データ機器製のネットワークストレージ LANDISK、Giga LANDISK、LANDISK XRなどに対応した接続モジュールも標準添付しており、他のコンピューターと同様に、電源オンやオフが可能です。

その他、操作側コンピューターに連動した電源オン・オフや、シャットダウンタイマー機能、タスクスケジューラーなどから起動するためのコマンドラインツールも同梱しています。

さらに、外部プログラムを登録すればRemote Powerから簡単に起動することができます。リモートデスクトップなどを登録しておけば、統合管理ツールとしても利用できます。

また、必要なときのみ電源を入れ、不要なときには電源をオフにすることは、節電にもつながります。節電対策にも Remote Power 2010 を導入してみてはいかがでしょうか?

なお、Windows98やWindows XP Home Editionなどの操作を可能にするRemote Power Agent、異なるネットワークセグメントへMagic Packetを転送するMagic Packet Relay Agent、HTTPを使用しインターネット経由でWake On LANを可能にする Magic Packet Web Forwarderの同梱、ログオフ、サスペンド、休止状態、メッセージ送信、プロセス起動のサポート、仮想環境のホストのサポート、ブロードバンドルーターを超えたLAN内のコンピューターの電源制御や、Web経由の電源オンなどをサポートした Professional Edition もございます。

また、Remote Power 2010 は、Windows 8 には対応しておりません。Windows 8以降のOSでご利用の場合は、後継製品の Remote Power 2015 をご利用ください。

動作環境

Remote Power 2010 Standard Editionの対応動作環境
ソフト名:Remote Power 2010 Standard Edition
動作OS:Windows 7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: Software Factory 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コンピューター  遠隔操作  LAN  NAS  Wake On LAN 


「システム起動・終了」カテゴリーの人気ランキング

  1. CkShutdown 「しまった!」を防いで、安心してシャットダウンする(ユーザー評価:0)
  2. Before Power Off 様々な仕事をパソコンにやらせてから自動で電源をoffする(ユーザー評価:4)
  3. GoShutdown 指定プロセスの休止・終了、指定時間PC無操作、無音時間でシャットダウン・再起動・スタンバイ・休止を行う(ユーザー評価:2)
  4. EeCo(いーこ) 省エネのため、パソコンを使用していない状態が一定時間続くとパソコンを終了させる(ユーザー評価:3.5)
  5. PowerDialog (電源オフメニュー) xpライクなシャットダウンのダイアログを表示 タイマーで電源オフも可能(ユーザー評価:0)

「システム起動・終了」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック