asu bloadmake

MSXのBLOADファイルを作成 バイナリファイルにMSXのBLOADファイルのBLOADヘッダを追加


ソフト詳細説明

バイナリファイルにMSXのBLOADファイルのBLOADヘッダ7バイトを追加します。
ライセンスは、2-Clause BSD License.
C言語ソース付きです。
バイナリファイルはプログラムや一般データや画像データなどです。
BLOADヘッダを付けることでバイナリファイルの内容をメモリに読み込むことができます。
バイナリファイルがマシン語プログラムの場合は実行することができます。
BLOADヘッダは、
FEH,(1バイト)
読み込み開始アドレス(2バイト)
読み込みサイズ(バイト単位)(2バイト)
実行開始アドレス(2バイト)
の7バイトで、
asu bloadmakeのデフォルトは読み込み開始アドレスが8100H、
読み込みサイズはファイルサイズ、
実行開始アドレスは8100Hです。
オプションでこれらの値は任意に変えられます。
また、BDS Cと独自に改造したMSX-BASIC環境用の初期化ルーチンを呼ぶオプションがあります。
BDS CでMSX-BASIC環境のプログラムを作るのに必要な初期化ルーチンとMSXライブラリは別途公開します。
サンプルプログラムはCR3という落ち物ゲームです。
http://www.nabeta.tk/msx/ あたりを見てください。

動作環境

asu bloadmakeの対応動作環境
ソフト名:asu bloadmake
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 大場 正輝 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

バイナリ  ヘッダ  MSX  BLOAD 


「ツール」カテゴリーの人気ランキング

  1. かぞえチャオ! 変更前後のステップ比較もできる、モジュール切り出し機能付きステップカウンタ(ユーザー評価:4.5)
  2. MakeExe VBScript/JScriptを素早く・簡単にExeファイルにする(ユーザー評価:4)
  3. ソースカウンター プログラムのソースコードのステップ数(行数)、工数、コスト、品質指標などをカウントする(ユーザー評価:0)
  4. フローチャート作成 流れ図くん 簡単ソースコードでフローチャートをExcel(エクセル)シェープで生成(ユーザー評価:0)
  5. JSONツール JSONアシスタント(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック