IEAuto 2009

ブラウザ(InternetExplorer)の自動操作(自動入力)が可能 開発効率,テスト効率がアップ ストレスも減るかも


ソフト詳細説明

【概要】
Internetexplorer(以下ブラウザと呼ぶ)から項目を取得したりセットしたりできる。
さらに、画面遷移を自動的に行うことができる。

【背景】
Webアプリケーションを作成し、テストしようとしたとき、対象の画面に無数の項目が配置されていて、いざ画面を動かそうとすると落ちてしまい再度テスト項目を入力するという無限ループに陥った人はいるのではないだろうか??
さらにテスト対象の画面が何度かページ遷移をしないとたどりつかなかったり、たどり着いた先には、エラー画面。
たとえその場を切り抜いても、仕様変更で再度テストし直し、そして(以下略
ユニットテストをしっかりやっておけとかいろいろあるかもしれないですが、とりあえず、自動化して開発効率を上げるというのが自分のやり方なので自動化してみました。

1.7.1.3以降でExcel2010に正式対応しました。
さらに、ブラウザのハードコピー(キャプチャ)ができるように対応しました。

動作環境

IEAuto 2009の対応動作環境
ソフト名:IEAuto 2009
動作OS:Windows 7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: TeraOmega 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ブラウザ  開発  テスト  効率  ストレス  InternetExplorer 


「ツール」カテゴリーの人気ランキング

  1. かぞえチャオ! 変更前後のステップ比較もできる、モジュール切り出し機能付きステップカウンタ(ユーザー評価:4.5)
  2. MakeExe VBScript/JScriptを素早く・簡単にExeファイルにする(ユーザー評価:4)
  3. フローチャート作成 流れ図くん 簡単ソースコードでフローチャートをExcel(エクセル)シェープで生成(ユーザー評価:0)
  4. ソースカウンター プログラムのソースコードのステップ数(行数)、工数、コスト、品質指標などをカウントする(ユーザー評価:0)
  5. ここみチャオ! 「かぞえチャオ!」で切り出したモジュールの比較結果(DIFF)を表示、保存する(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック