bug-zero

システムで発生した障害を管理するWebアプリケーション


ソフト詳細説明

システムで発生した障害を管理するWebアプリケーションです。
Webブラウザでプロジェクトごとに障害を管理することができ、障害の発生件数や対応状況などを表やグラフにして表すことができます。

【便利な点】
○複数のプロジェクトが登録可能でプロジェクトごとに障害を蓄積できます。
○マスタ画面にてプロジェクト名・サブシステム名・プログラム名・プロジェクトメンバをメンテナンスできます。
○検収項目登録の際には、対応予定者、対応予定日や見積対応工数も設定できます。
○添付ファイルのアップロード可能。証拠もしっかり残せます。
○プログラム検収一覧では、以下のような条件にて検索パネルを使って絞込検索ができます。
「重要度」「状況」「プログラム名」「指摘者」「対応者」「登録日」「対応予定日」など。
○CSVやマクロをダウンロードして信頼度成長曲線を作成し、バグの発生状況や収束状況も一目で確認できます。
○不具合管理表をExcelで出力し一覧表示できます。

【動作環境】
推奨環境(サーバ) : PHP5.0以上+MySQL4.1以上が動作する環境
ブラウザ(クライアント) : IE6.0以上、Firefox2.0以上

動作環境

bug-zeroの対応動作環境
ソフト名:bug-zero
動作OS:Windows Vista/XP/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: (株)アイロベックス 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

障害  Web 


「ツール」カテゴリーの人気ランキング

  1. かぞえチャオ! 変更前後のステップ比較もできる、モジュール切り出し機能付きステップカウンタ(ユーザー評価:4.5)
  2. MakeExe VBScript/JScriptを素早く・簡単にExeファイルにする(ユーザー評価:4)
  3. フローチャート作成 流れ図くん 簡単ソースコードでフローチャートをExcel(エクセル)シェープで生成(ユーザー評価:0)
  4. JSONツール JSONアシスタント(ユーザー評価:0)
  5. ソースカウンター プログラムのソースコードのステップ数(行数)、工数、コスト、品質指標などをカウントする(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック