SourceToHTML

プログラムのソースを HTML に変換して出力する


ソフト詳細説明

「SourceToHTML」は、プログラムのソースを HTML に変換して出力するツールです。
以下の言語に、対応しています。
・C++Builder
・Delphi
・Java
・JavaScript
・PL/SQL
・T-SQL
・Visual Basic.NET 2003
・Visual C#.NET 2003
・Visual C++.NET 2003
・Visual J#.NET 2003
また、以下のような特長を備えています。
・フォント色、背景色とも、16色の中から選択できる
・"<FONT COLOR="〜">" タグではなく、"<SPAN class="〜">" タグで指定しているため、スタイルシートを変更するだけで、後から一括で色を変えることができる
・"予約語"、"コメント" 以外にも、"文字列"、"数値" などに、それぞれ個別の色を指定できる
・「Delphi」 の "exit", "break" など、予約語ではないが強調表示したい、といった要求にも対応できる
・"&", "<", ">" など、変換して出力すべき特殊文字を設定ファイルから自由に指定できる
・TAB位置を、4文字分になるよう変換して出力する

動作環境

SourceToHTMLの対応動作環境
ソフト名:SourceToHTML
動作OS:Windows XP/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 松翠ソフトウェア 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  HTML 


「ツール」カテゴリーの人気ランキング

  1. かぞえチャオ! 変更前後のステップ比較もできる、モジュール切り出し機能付きステップカウンタ(ユーザー評価:4.5)
  2. MakeExe VBScript/JScriptを素早く・簡単にExeファイルにする(ユーザー評価:4)
  3. ソースカウンター プログラムのソースコードのステップ数(行数)、工数、コスト、品質指標などをカウントする(ユーザー評価:0)
  4. フローチャート作成 流れ図くん 簡単ソースコードでフローチャートをExcel(エクセル)シェープで生成(ユーザー評価:0)
  5. JSONツール JSONアシスタント(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック