ClassPas.exe

クラス名、フィールド名等を記したファイルからDelphi向けソースを生成する


ソフト詳細説明

クラス名とフィールド名を指定した生成元ファイルを読み込むと、Delphi向けにクラスの定義や幾ばくかのメソッドを自動生成します。

そもそもiniファイルの読み書きをオブジェクト指向っぽく作ろうと考え、

TOption ……iniファイルの読み書きするフィールドを持つクラスTIniter(TOption) ……iniファイルそのものの情報を格納するクラスTParam(TIniter) ……一時的な設定を格納するフィールドを持つクラス

といった継承の構造をイメージしました。
作り始めたところ、ああなんだ、Setなんたらとか、Getなんたらとかならば最低限の項目を決めれば、冗長ではあるにしても、ソースコードを自動生成することが出来そうだな、といったことで作ったプログラムです。

前述のiniファイル向けに限らず、フィールドがinteger、string、boolean型のみならば他の用途のクラスにも使えると思われます。

お気に召しましたら末永くお使いください。

※ オブジェクト指向については勉強中の身ですので、
先達の皆様から見れば不思議に思われる未熟なコードも含まれています。
ご意見、ご指導いただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

動作環境

ClassPas.exeの対応動作環境
ソフト名:ClassPas.exe
動作OS:Windows XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: ひと足お先に通信社 

この作品については、作者がコメント・評価を希望しておりません。

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

フィールド  Delphi  クラス 


「Delphi」カテゴリーの人気ランキング

  1. Felica ID Reader PaSoRiを使用して、カードID・履歴を読取れる Delphiのソース付き(ユーザー評価:0)
  2. Delphi 6.0 業務アプリ作成用コンポーネント集 お客様への販売を目的としたプログラムを作成するためのプロ必携、厳選カスタムコンポーネント(ユーザー評価:0)
  3. かんたん画像サイズ変更 ソースコード 月間ダウンロード数100本以上を誇る人気アプリ、「かんたん画像サイズ変更」のソースコード(ユーザー評価:0)
  4. Excel出力VCLコンポーネント ソース付 データベースの内容をエクセル出力するDelphi VCLコンポーネント(ユーザー評価:0)
  5. Delphi Launcher 複数のバージョンの Delphi を起動するランチャ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック