CpuMonitor.DLL (試用版)

NT系WindowsのCPU使用率を簡単に取得できるDLL


ソフト詳細説明

9x系のWindowsではレジストリから簡単に取得できるCPUの使用率ですが、NT系(WindowsNT/2000/XP)では簡単にと言う訳にはいきません。
そこで、このDLLをお使いいただければ簡単にCPUの使用率を取得することができます。
勿論、VBからも利用できます。
また、搭載されているCPUの数も取得することが可能で、デュアルCPUマシンなどでは、全CPUの使用率を搭載数で割り、その平均を返します。
9x系のWindowsでは使用率の取得はできませんが、その際は戻り値が−1となり、エラー等は発生いたしませんので、使用OSの判定を兼ねております。

試用版では、初回の関数呼び出し時に試用版を告げるメッセージボックスが出ます。
(製品版にはございません)

動作環境

CpuMonitor.DLL (試用版)の対応動作環境
ソフト名:CpuMonitor.DLL (試用版)
動作OS:Windows XP/2000/NT
機種:汎用
種類:サンプル版
作者: Crunky 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

DLL  CPU 


「各種DLL」カテゴリーの人気ランキング

  1. USB-IO Family 制御DLL VB.NETサンプルソース [USB-IO2.0 USB-FSIO]USB-IO Family 制御DLL VB.NETサンプルソース Excel VBA対応(ユーザー評価:3.5)
  2. メール送信/受信DLL(VB.NET/C#.NET) メール送信(SMTP)とメール受信(POP:削除等のコマンドも可)ライブラリ(DLL)、SSL/TLS対応(ユーザー評価:0)
  3. 最短経路検索 最短経路(最短ルート)を求めるライブラリモジュール(ユーザー評価:0)
  4. Permutation and Combination(順列と組み合わせ) 順列と組み合わせを求め、その結果を取り出すライブラリモジュール(ユーザー評価:0)
  5. テキスト差分解析DLL(VB6/VB.NET/C#.NET) テキストの差分を解析するライブラリ(DLL)、差分解析するテキストの文字コード判定(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック