SpyIE

Webブラウザーコントロールのイベントを監視


ソフト詳細説明

Internet Explorerには、Webブラウザーコントロールとして知られているコンポーネントがあります。
Webブラウザーコントロールは、機能を提供するためのCOMインターフェース(IWebBrowserApp or IWebBrowser2)とイベントを通知するためのインターフェース[シンクと呼ばれています](DWebBrowserEvents2)があります。

URLを指定してWebページを表示させたりするだけなら、インターフェースを介してメソッドを実行すればよいのですが、細かな制御を行うには、Webブラウザーコントロールで発生するイベントをキャッチして、その状態に応じた処理をすることになります。

このイベントは、ドキュメントに記述されている情報だけでは、どのようなタイミングで、どのように発生するかを把握するのは難しいものです。

SpyIEは、起動中のInternet Explorerを利用して、どのようなイベントを発生するかを監視するためのソフトウェアです。
実際にInternet Explorerを使用して、いろいろなページを参照したり、操作することによりどのようなイベントが発生するかを理解するために使用することができます。

動作環境

SpyIEの対応動作環境
ソフト名:SpyIE
動作OS:Windows XP/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Darksky 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

監視  ブラウザー  Web  コントロール 


「ツール」カテゴリーの人気ランキング

  1. かぞえチャオ! 変更前後のステップ比較もできる、モジュール切り出し機能付きステップカウンタ(ユーザー評価:4.5)
  2. MakeExe VBScript/JScriptを素早く・簡単にExeファイルにする(ユーザー評価:4)
  3. ソースカウンター プログラムのソースコードのステップ数(行数)、工数、コスト、品質指標などをカウントする(ユーザー評価:0)
  4. フローチャート作成 流れ図くん 簡単ソースコードでフローチャートをExcel(エクセル)シェープで生成(ユーザー評価:0)
  5. ここみチャオ! 「かぞえチャオ!」で切り出したモジュールの比較結果(DIFF)を表示、保存する(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック