BeeCom

シリアル通信 アプリケーションプロトコルシミュレータ


ソフト詳細説明

BeeCom は、依然として産業機器などで需要があるシリアル通信(RS-232C 調歩同期、将来的にはHDLC など)や、UDP 通信において、アプリケーション定義のプロトコルを実行させるためのソフトウェアです。

BeeCom は、基本的に、

・受信データが[パターン]に[回数]マッチしたら[遅延時間]待って[データ]を送信する
・[パターン]を指定しないと[遅延時間]間隔で自発的に[データ]を送信する

ものです。[ ]部分のパラメータを、指定されたディレクトリにあるcsv形式のテキストファイルから読み込んで動作しますが、データ作成用のOpenOffice Calc ドキュメント(*.ods)を同梱しているので、そちらを使うことをおすすめします。動作中一定周期で送信データを指定したファイルを読みながら動作するので、通信中に送信データを変更することができます。(通信中に更新されるのは送信データだけで、その他のデータ(Environments やResponses など)は更新されません。)

また、プラグインを使用すると、受信データ中のあるデータを自動応答したり、送信
データにFCS を自動付与したりできます。

動作環境

BeeComの対応動作環境
ソフト名:BeeCom
動作OS:Windows 7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 染矢 洋文 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

通信  シミュレータ  シリアル  プロトコル 


「通信関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. RS-232C Monitor and Analyzer 通信アプリ開発からトラブル対応まで、広範囲に使えるシリアルポート用モニター&アナライザー(ユーザー評価:4.5)
  2. RS-232C Monitor and Analyzer用 アドオン プログラム RS-232C Monitor and Analyzer (Professional Edition) 上で使用可能な各種アドオン プログラム(ユーザー評価:0)
  3. RS232Cテストツール RS232Cデバッグツール(RS232C接続を行い電文の送受信を行うテストツール)(ユーザー評価:0)
  4. シリアルデバッグツール2 RS232Cの通信デバッグ用ソフト(HEX、DEC、CHARで通信確認ができる!)(ユーザー評価:4.5)
  5. モニターデータ変換ツール (Monitor Data Converter) 他のRS-232Cラインモニターの出力ファイルを秋山製作所のAKM-RSM-100で参照可能なMON形式ファイルへ変換(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック