エクセルでRS232通信

エクセルを使ってRS232通信を行う


ソフト詳細説明

Windows付属のハイパーターミナルで行う様なRS232C通信を、エクセルを使って行うというソフトです。
ハイパーターミナルだと送信文字の入力に気を使いますが、エクセルのセルに予め送信したい文字を入力しておき、ボタンを押した時に送信するという使い方ができます。
受信の確認は0.5秒ごとに行い、また、セル入力中は受信確認をしませんので、リアルタイム処理には向きません。
動作にはシェアウェアのRS232C Excel add-inが必要となりますが、購入する必要はありません。
また、他にIETimerが必要になります。
詳細はReadme.txtを参照してください。

動作環境

エクセルでRS232通信の対応動作環境
ソフト名:エクセルでRS232通信
動作OS:Windows XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: milktea 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エクセル  通信  RS 


「通信関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. RS-232C Monitor and Analyzer 通信アプリ開発からトラブル対応まで、広範囲に使えるシリアルポート用モニター&アナライザー(ユーザー評価:4.5)
  2. RS-232C Monitor and Analyzer用 アドオン プログラム RS-232C Monitor and Analyzer (Professional Edition) 上で使用可能な各種アドオン プログラム(ユーザー評価:0)
  3. RS232Cテストツール RS232Cデバッグツール(RS232C接続を行い電文の送受信を行うテストツール)(ユーザー評価:0)
  4. シリアルデバッグツール2 RS232Cの通信デバッグ用ソフト(HEX、DEC、CHARで通信確認ができる!)(ユーザー評価:4.5)
  5. モニターデータ変換ツール (Monitor Data Converter) 他のRS-232Cラインモニターの出力ファイルを秋山製作所のAKM-RSM-100で参照可能なMON形式ファイルへ変換(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック