Mpo(Memory Push Out)

物理メモリ開放ツール 仮想PCや3Dゲームなどの起動前にお試しアレ


ソフト詳細説明

機能としては、Mpo自体が一時的に物理メモリをガツンと確保して終了する事で、現在システムで使用していないキャッシュ等のデータをスワップファイルに押し出します。
・開放したいメモリ容量を指定可能。(100MB〜1.8GB)
・シンプルな作りになっています。
・レジストリ等の書込みは発生しません。
・常駐型ではありません。
【注意事項】
1.とうぜん、装備している物理メモリ量を超える開放は出来ません。
2.ページングファイルの設定容量が少ないと効果が出ない場合があります。

動作環境

Mpo(Memory Push Out)の対応動作環境
ソフト名:Mpo(Memory Push Out)
動作OS:Windows 7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: Fj 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ゲーム  起動  仮想  3D  物理  開放  アレ  メモリ 


「メモリ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. CleanMem Free 一定時間おきにメモリを自動解放する(ユーザー評価:0)
  2. PMEditor ゲーム改造に特化したプロセスメモリエディタ(ユーザー評価:0)
  3. MECC 改造コード入力に特化したプロセスメモリエディタ(ユーザー評価:0)
  4. メモリの掃除屋さん にゃお 高性能だけど高機能ではない、省メモリ設計+監視+自動最適化+超小型のメモリ最適化ツールのリメイク版(ユーザー評価:0)
  5. eMem 小さなメモリ解放ツール 低負荷(ユーザー評価:4)

「メモリ用」カテゴリのソフトレビュー

  • SoftPerfect RAM Disk 3.3.3 - 手軽に使える、シンプルかつ高機能なRAMディスク作成・管理ソフト
  • CleanMem Free 2.3.1 - 定期的に自動解放を実行してくれる、メンテナンスフリーのメモリ最適化ソフト
  • eBoostr 4 Professional 4.0 - キャッシュ構成を一新し、さらにスムーズになった「eBoostr」の新バージョン
  • RamPhantom7 1.0.0 - 64bit版も用意された、仮想RAMディスク作成ソフトの新バージョン

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック