仮想分配器つき通信ポートx8

一台のGPSのデータ(NMEA)を複数の地図ソフトで利用可能にする仮想シリアル通信ポート


ソフト詳細説明

【概要】
「仮想分配器つき通信ポートx8」の主要な機能は、カーネル モード ドライバーの機能として提供されます。

■「仮想分配器」は入力ポートとして指定された一つのシリアル通信ポートの読み出し又は、書き込みデータの何れかを、「仮想分配器つき通信ポートx8」が生成する最大8個のシリアル通信ポート(仮想デバイス)の受信データとして分配することができます。
※GPSレシーバー(シリアル接続タイプ)の出力データを複数の地図ソフトで利用したい時等に好適です。


■上記機能とは独立して1:1の通信ポート対を8組利用できます。
※簡易的なNULLモデムケーブルエミュレーターとして利用できます。


【注意事項】
1.実行には管理者権限が必要です。
2.64bit環境で使用する場合は、事前に「注意事項.rtf」をよくお読みください。

利用条件・試用期間中の制限など

試用中は、仮想分配器の接続後、10分経過すると、仮想分配器が動作を停止します。
継続して試用したい場合は、一度切断した後、再度仮想分配器を接続することにより、再度10分間試用することができます。

動作環境

仮想分配器つき通信ポートx8の対応動作環境
ソフト名:仮想分配器つき通信ポートx8
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:シェアウェア
作者: Kurihara 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

シェアレジでのお支払い

クレジットカード
仮想分配器つき通信ポートx8
価格: 1,760円(手数料・税込) お支払い手続きへ進む

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

通信  地図  仮想  シリアル  GPS  NMEA 


「通信関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. RS-232C Monitor and Analyzer 通信アプリ開発からトラブル対応まで、広範囲に使えるシリアルポート用モニター&アナライザー(ユーザー評価:4.5)
  2. RS-232C Monitor and Analyzer用 アドオン プログラム RS-232C Monitor and Analyzer (Professional Edition) 上で使用可能な各種アドオン プログラム(ユーザー評価:0)
  3. RS232Cテストツール RS232Cデバッグツール(RS232C接続を行い電文の送受信を行うテストツール)(ユーザー評価:0)
  4. SerialDebugger 本格的なシリアル通信試験用ツール フリーソフト(ユーザー評価:4.5)
  5. シリアルデバッグツール2 RS232Cの通信デバッグ用ソフト(HEX、DEC、CHARで通信確認ができる!)(ユーザー評価:4.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック