ActDoc

フリーソフトとして公開中のMcAct2W.exeのプログラム開発資料を公開する


ソフト詳細説明

McAct2W.exe は1997年5月13日にフリーソフトとして公開以来、いまだにダウンロードしていただいています。アクティブフィルタまたはデジタルフィルタの設計・製作を行う技術者の計算労力を軽減し、短時間で正確な設計を完了し、設計したフィルタの周波数特性をグラフ表示により確認することが出来るツールとして開発しました。
特に、アナログフィルタの設計・製作において、使用する抵抗値やキャパシタンスをE6、E12,E24などのシリーズ値にフィッティングする場合には、技術者の労力を大幅に軽減する効果があります。

この度は、McAct2W.exeをより有効活用していただく目的で、McAct2W.exeを開発した当時の技術資料(339ページ)をフリーウェアとして公開しました。ご自身がフィルタを設計・製作する際に効果的にMcAct2W.exeを利用していただけることを期待しています。
なお、ドキュメントに関する質問については、ご回答出来ませんのであらかじめご了承願います。また、本作品に関する転売・転載等の行為はかたくこれを禁止致します。

動作環境

ActDocの対応動作環境
ソフト名:ActDoc
動作OS:Windows XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 三浦 高志 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

開発  資料  McAct 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. ColorAC CIE色度図作成ソフト(ユーザー評価:0)
  2. Algodoo マウスで描いたオブジェクトを、物理現象にあわせて動かせる物理シミュレータ(ユーザー評価:0)
  3. 物理演算モデラーソフトRIGOHN3 設計から操作まで全て物理演算するリアルタイム力学エンジン トレーラーやクレーン車の豊富なサンプル付(ユーザー評価:0)
  4. GRDS コイルの巻数・寸法、抵抗器カラーコード判読、バリコンや周波数・アンテナ等の計算でゲルマラジオを設計(ユーザー評価:0)
  5. FEM_BLOCK フリー版 線形静解析から弾塑性動的陽解法まで行える簡易3次元有限要素法構造解析ソフト(ユーザー評価:0)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • Mitaka 1.3.1 - 最新の観測結果や理論をもとに宇宙を再現する“インタラクティブ4次元デジタル宇宙ビューア”
  • Algodoo 2.1.0 - 実験装置を作って物体の運動を観察できる“遊びながら学べる”物理シミュレータ
  • ACD/ChemSketch Freeware 14.01 - 分子の3D表示や実験器具の描画も可能な、フリーの化学構造式描画ソフト
  • ColorAC 0.729 - 美しいCIE色度図を簡単な操作で作成できるソフト
  • Stellarium 1.12.0 - 美しく、リアルな星空を手軽に楽しめる高機能3Dプラネタリウムソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック