エクセルで点群BL-XY相互変換(マクロ)

エクセルで点群の緯度・経度・楕円体高と平面直角座標XY・標高の相互変換(VBA)


ソフト詳細説明

写真測量ソフト(Metashape)等の各種点群作成・処理ソフトで取り扱われる点群データ(TXTファイル)の緯度・経度・楕円体高を平面直角座標系X・Y・Z(標高)に変換できます。


本システムは弊社がVectorで公開している「エクセルでBL-XY相互変換」や「エクセルでGPX-XYZ変換(マクロ) for Drogger GPS」のコードをベースにし、点群データに対応できるように改良しています。
現段階ではシート”変換イメージ”に示す指定フォーマットのみに対応し、上記の一方向の変換機能のみとなっています。今後、他形式・フリーフォーマット対応や相互変換機能等の拡充を図る予定です。

<作成の背景>
近年は建築・土木におけるBIM/CIM適用などICT化が進む中で、点群データを取り扱う機会が増えてきています。そのような状況下でUAVを用いた写真測量を行う機会がありました。

GPSを用いたRTK測位等によるUAVの飛行ルートはWGS系の緯度・経度・楕円体高で取得されます。その位置精度が高精度な場合、要求品質にもよりますが、省力化して地上標定点を用いずに点群を生成することもできます。この場合、平面直角座標系より精密な解析ができると考えられます。また、WGS系の地上標定点を用いる場合も同様です。WGS系の点群を生成しても、最終成果としては平面直角座標系での取扱になることもあり、この場合は変換が必要となります。

このような背景から変換システムの作成に至っています。

動作環境

エクセルで点群BL-XY相互変換(マクロ)の対応動作環境
ソフト名:エクセルで点群BL-XY相互変換(マクロ)
動作OS:Windows 10/8
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: (有)エヌシー技研 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エクセル  相互変換  座標  緯度  経度  楕円  標高  直角  平面  XY 


「測量」カテゴリーの人気ランキング

  1. SIMA・地籍フォーマット2000・法務省地図XML⇒GIS SIMA・地籍フォーマット2000・法務省地図XML をシェープファイル・GPX・KML・GeoJSONに変換 (フリーソフト)(ユーザー評価:0)
  2. 楽らく測量!基準点セット 楽らく操作で基準点測量の計算を行うエクセルファイル(ユーザー評価:3.5)
  3. エクセルでレベル計算 エクセルでレベル計算する(ユーザー評価:0)
  4. エクセルでBL-XY相互変換(API) エクセルで緯度経度と平面直角座標の相互変換およびジオイド高、縮尺係数の計算(ユーザー評価:0)
  5. コンパスtoGIS.xlsm コンパス測量(森林測量)の成果をGIS,GPS,CAD,GoogleEarth等に出力する(フリーソフト/ソース公開)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック
SELECTION