EFGeneper for Access 2007

DPC導入の影響評価に係る調査用EファイルFファイルを利用して、後発医薬品使用量割合を計算する


ソフト詳細説明

後発医薬品使用量割合計測ツール

DPC導入の影響評価に係る調査用EファイルFファイルを利用して、後発医薬品使用量割合を計算するツールです。平成26年度、平成27年度の調査に対応しております。

このツールでできることは
1.自院の後発医薬品(ジェネリック医薬品)の数量割合(数量シェア)が簡単に確認できるので、DPC機能評価係数2の後発医薬品係数への影響度が確認できる
2.自院で使用している先発医薬品の中で、剤形が同じである後発医薬品(ジェネリック医薬品)に切り替えられる薬剤があるかどうかが簡単に確認できる
3.自院で使用している先発医薬品の中で、より後発医薬品(ジェネリック医薬品)の数量割合に影響を与える医薬品がどれかすぐに確認できる(DPC機能評価係数2の後発医薬品係数に特に影響を与える先発医薬品はどれかわかる)
4.自院で使用している入院患者における医薬品数量が月ごとに集計できる
などです。

導入にはMicrosoftAccess2007又は2010が必要です。

Ver2.0では計算の幅を広げ、診療科別出力に対応しました。詳細はreadmeをご覧ください。

動作環境

EFGeneper for Access 2007の対応動作環境
ソフト名:EFGeneper for Access 2007
動作OS:Windows 8/7/Vista
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: おっさん事務 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

評価  導入  医薬品  割合  影響  後発  DPC 


「医療・病院」カテゴリーの人気ランキング

  1. ApolloView Lite 医療画像DICOMファイル専用ビュワー(ユーザー評価:3.5)
  2. 試薬管理システムランタイム版 試薬管理システムのランタイム版(ユーザー評価:0)
  3. エクセル家系図作成ツール インストール不要! Excelで簡単に家系図を作成できる(ユーザー評価:0)
  4. 簡単DICOM変換 JPGBMPに属性情報を付与しDICOM変換を行う簡易ゲートウェイ(ユーザー評価:0)
  5. 試薬管理システム 臨床検査室の試薬管理台帳作成と在庫管理ができる(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック