MML Inspector

MML (Medical Markup Language) Version 3.0.2で記述されたMMLドキュメントを参照


ソフト詳細説明

MML Inspectorは、MML (Medical Markup Language) Version 3.0.2で記述されたMMLドキュメントの内容を表示するプログラムです。

MMLドキュメントのMmlHeaderと各セクションのdocInfoおよびMMLコンテンツモジュールの内容を個別に表示します。MML Inspectorの基本レイアウトでは、DTDによるドキュメントの検証は行わず、可能な限り内容を表示します。

基本レイアウト以外にも、同梱の開発リソースを使用してMMLドキュメントレイアウトプラグインモジュールを作成することにより、目的に合ったレイアウトでMMLドキュメントを表示することができます。複数のMMLドキュメントレイアウトプラグインモジュールを同時に適用することが可能で、それらに実装されたレイアウトは動的に切り替えることができます。

MML Inspectorは、MMLドキュメントの取得方法の違いで、Stand-alone ModeとServer Modeの2種類のモードで動作します。それぞれのモードは、動的に切り替えることができます。

・Stand-alone Mode

プログラム組み込みのMMLファイル読み込み機能を使用して、ファイル形式のMMLドキュメントを読み込むことができます。また、同梱の開発リソースを使用してMMLドキュメント読み込みプラグインモジュールを作成することにより、データベースやサーバプログラムからなど、さまざまなデータソースからMMLドキュメントを読み込むことが可能になります。

・Server Mode

クライアント-サーバモデルのサーバとなり、TCP Socketを使用してクライアントから1MMLドキュメント/1コネクションでMMLドキュメントを受信します。1MMLドキュメントを受信するためのアプリケーションレベルの通信手順は、同梱の開発リソースを使用してMMLドキュメント受信プラグインモジュールとして実装します。

プログラムの検証は、MedXMLコンソーシアム様ホームページ(www.medxml.net)のMML Version 3.0.2規格書のサンプルインスタンスで行っています。

--- 更新履歴

Version 1.5
・MMLレイアウトロジックをプラグインモジュール化しました。
・MMLタグ表示機能に、フォントサイズの設定およびクリップボードへのコピーを追加しました。
・画面表示を調整しました。
・MML Loader, MML Receiverのサンプルとして、MML Version 2.3ドキュメントを読み込むサンプルを追加しました。

動作環境

MML Inspectorの対応動作環境
ソフト名:MML Inspector
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: yos731 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ドキュメント  記述  Language  Markup  Medical  MML 


「医療・病院」カテゴリーの人気ランキング

  1. ApolloView Lite 医療画像DICOMファイル専用ビュワー(ユーザー評価:3.5)
  2. 自賠責の診断書・明細書(入院外・J9A2・新基準対応) 自賠責保険用の診断書・明細書(入院外・J9A2・新基準対応)作成ソフト(ユーザー評価:0)
  3. インフルエンザ対策 体温記録表 体温と症状を記録できる手書き用テンプレート(ユーザー評価:0)
  4. 簡単DICOM変換 JPGBMPに属性情報を付与しDICOM変換を行う簡易ゲートウェイ(ユーザー評価:0)
  5. エクセル家系図作成ツール インストール不要! Excelで簡単に家系図を作成できる(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック