オラクルエクスポート for Windows

オラクルのエクスポートをGUIで操作し、実行内容をカタログ化できる


ソフト詳細説明

オラクルのエクスポートをルーチンとして確実に動作させたいため、開発しました。
・システム修正前にいつも行うテーブルのエクスポート作業
・定期的に実行するエクスポート作業等、いつもまたはたまに実施する作業でタイプミスによるバックアップデータの取り漏れや紛失を防ぐ事が目的です。
【本ソフトウェアの特長】
・パラメータは足りなければ「その他のパラメータ」に入力できます。
・用途別にパラメータを分けれますので、定型化に向いてます。
・自動実行(起動時に実行)する事が出来るので、日次実行に向いています。
・パラメータ入力欄は起動時に隠す事が出来ますので、構築後素人にやらせる事
が可能かも知れません。
・ダンプしたファイル名に曜日または年月日を付けられるので世代管理が可能です。
・ダンプしたファイルをLZH形式に圧縮する事が出来るので容量節約が出来ます。
・処理結果をメールで送信して報告する事が出来ます。
・NetSend(Windowsのメッセージサービス)で処理結果を報告する事が出来ます。

動作環境

オラクルエクスポート for Windowsの対応動作環境
ソフト名:オラクルエクスポート for Windows
動作OS:Windows 7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: alone55 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

カタログ  エクスポート  オラクル  GUI 


「Oracle用」カテゴリーの人気ランキング

  1. osqledit Oracle用のSQLエディタと実行環境(ユーザー評価:4.5)
  2. RP Dump Browser for Oracle Oracle環境なしで、簡単にDumpファイルの中身を確認、出力(ユーザー評価:0)
  3. ARK Dump Viewer フリー版 EXP/EXPDPのダンプファイルをCSV変換後Excelを起動して参照(ユーザー評価:0)
  4. SqlFmt SQL整形、PL/SQL整形、エディタへの組込可能(ユーザー評価:1.5)
  5. REDOログビューア OracleのREDOログを期間を指定するだけで簡単に一覧表示(ユーザー評価:0)

「データベース」カテゴリのソフトレビュー

  • A5:SQL Mk-2 2.11.2 - 強力な入力補完や実行計画の取得などで作業を大幅に効率化するフリーの高機能SQL開発環境
  • 外部記憶DB 1.94.108 - 大量のテキストデータを効率的に管理できる、メーラ風の使いやすいデータベース
  • sarasa - 削除済みのデータを表示することも可能な、SQL Serverトランザクションログ解析ソフト
  • TCARD for Windows 5.71 - クロス集計などの高度な機能を備えた“奥の深い”データベースソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック