iPhotoDraw

XMLにより元画像はそのままで吹き出しなどの図形や文字を書き込めるレタッチソフト


ソフト詳細説明

画像の上に吹き出しを描いて説明を加えたり、矢印を書き込んで注釈を加えたりできるレタッチソフト。JPEG、BMP、PNG、GIF、TIFF形式の画像ファイルに対応しています。

画像の上に書き込めるオブジェクトは、

・テキスト(文字列)
・線(直線、矢印など8種類)
・多角形(角丸四角形など7種類)
・円(楕円など5種類)
・三角形(ダイアモンドなど12種類)
・吹き出し(四角い吹き出しなど13種類)
・矢印(距離を表示する両矢印など2種類)
・ブロック矢印(右向き矢印など16種類)

と多彩。テキストはフォントの種類やサイズ、色などを、また図形では線の種類や太さ、色や透明度などを自由にカスタマイズできます。書き込んだオブジェクトは、マウスドラッグで自由に移動させることができ、大きさや形もドラッグで変更できます。

別の画像を読み込ませることもできます。例えば「マンションの建物全体の画像を読み込み、ひとつの窓に吹き出しを描画し、吹き出しの中に室内の画像を表示する」などといった使い方ができます。

画像の縮小やトリミングなど、元画像を加工する機能は省略されています。必要に応じて、ほかのグラフィックソフトで元画像を加工してから利用します。また、フレームを用いて描画するときのように、元画像を直接編集することなく、描画情報をXMLで記述してXMLファイルを生成します。そのため、元画像は何も編集されていない状態で残っています。ひとつの画像ファイルにしたい場合は、「Export」コマンドをで書き出すことができます。

動作環境

iPhotoDrawの対応動作環境
ソフト名:iPhotoDraw
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: Simen Wu 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

図形  レタッチ  XML 


「エディタ」カテゴリーの人気ランキング

  1. PhotoScape 多彩な機能で画像を自在に編集・加工できる画像処理ソフト(ユーザー評価:2.5)
  2. 白板ソフト(フリー版) ひらめきを忘れない! 手書きと部品で自由な発想!(ユーザー評価:4.5)
  3. kujira 画像の傾き補正・切り抜き・平行四辺形歪み補正・分割をシンプルな操作で行うソフト 特に大サイズ画像向け(ユーザー評価:0)
  4. PopImaging 100種類以上の豊富な機能を持つ本格的な画像処理、画像解析ソフト(ユーザー評価:0)
  5. あずあーと2 フリーウェア版 ムダを省いたペイントツール(ユーザー評価:4.5)

「グラフィックス関係」カテゴリのソフトレビュー

  • らくちん写真カッター2 2.0.0.0 - 背景をクリックするだけで範囲指定完了。さらに簡単・手軽に使えるようになった写真切り抜きソフトの新バージョン
  • Ashampoo Snap 10 10.0.4 - 充実した編集機能や多彩なキャプチャモードが特徴。動画のキャプチャも可能な高機能スクリーンショット作成ソフト
  • Ashampoo Photo Commander 16 16.0.0.1 - 最高4Kまでの高解像度スライドショーの作成にも対応。スマートなインタフェースで使いやすい、高速表示の画像管理・編集ソフト
  • 窓フォト 8.7.6 - “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
  • QuickViewer 0.9.6 - 見開き表示にも対応。インストール不要で多数の画像をサクサク閲覧できる、シンプルな高速画像ビューア

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック