Volume Extractor

医療画像などのファイル読込、3D表示、解析、STLデータ作成まで可能な多機能"3次元可視化ソフト"


ソフト詳細説明

Volume Extractor 3.0 は、主にCTやMRIの医療機器等で撮影されたスライス(2次元)画像を読込み、3次元空間上への表示を可能にするソフトです。

3次元空間上に読込まれたデータはボリュームとして立体的に表示され、2次元画像では見え難かった骨や血管、内臓等の形状をより分かり易く表示することができます。
ボリュームの表示はユーザーの設定次第で、特定の範囲の色を変化させたり、半透明にすることができるので多様な表現が可能です。

さらに、3次元空間上に表示されたデータを形状データ(ポリゴンメッシュ)へ変換して編集、またファイルに出力することができます。
ファイルに出力した形状データは、3Dプリンタなどの立体の造形を目的とした機器でのモデルの作成も可能です。

●主な入力可能なフォーマット
・DICOM、RAW、BMP、JPEG、TIFF etc...
・Analyze 7.5、VTK
●形状の出力フォーマット
・STL、MGF、DXF、SMF、VRML
●多種の機能
・ボリュームレンダリング機能
・3D計測機能
・3次元断面表示機能
・セグメンテーション機能 etc...

詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.I-plants.jp/hp/

動作環境

Volume Extractorの対応動作環境
ソフト名:Volume Extractor
動作OS:Windows 8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC x64
種類:サンプル版
作者: (株)i-Plants Systems 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

3D  3次元  医療  読込  STL  解析  可視 


「3Dグラフィック」カテゴリーの人気ランキング

  1. 3DマイホームデザイナーPRO9 2019年版 間取りプラン・3Dパース・プレゼンボードなどプレゼン資料を作成、業務用住宅・建築プレゼンソフト(ユーザー評価:0)
  2. ロビモーションシミュレーター ロビをはじめロボットの動きを3D画像でシミュレーションする(ユーザー評価:0)
  3. Free 回転体 for Win32 図形を作成・編集し、それが回転してできる立体を、光源や視点、色彩などを自由に変えながら表示できる(ユーザー評価:4.5)
  4. デザインドール 3D世界の人体モデルを自在に操る(ユーザー評価:0)
  5. 3Dマイホームデザイナー12 こだわりの住宅やリフォームを実現させる、家庭用3D住宅デザインソフト(ユーザー評価:4.5)

「グラフィックス関係」カテゴリのソフトレビュー

  • InPixio Photo Clip 9 Professional - 高度な写真加工を誰でも手軽に行えるオールインワン画像編集ソフト
  • Cool Logo 3D - シンプルな操作で誰でも簡単に立体的なテキストロゴが作成できるロゴ作成ソフト
  • InPixio Photo Clip 8 Professional - 豊富なプリセットにより写真をワンクリックで加工できる。不要物の除去や被写体の切り抜きも可能な、簡単操作の画像編集ソフト
  • PhotoStage 5.09 - 手持ちの画像・動画・音声に多彩なエフェクトや切替効果を適用して、ハイクォリティなスライドショーを簡単に作成できる
  • らくちん写真カッター2 2.0.0.0 - 背景をクリックするだけで範囲指定完了。さらに簡単・手軽に使えるようになった写真切り抜きソフトの新バージョン

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック