SL for Win32 Console

コマンドプロンプトでSL爆走


ソフト詳細説明

UNIX系のファイルリストを表示するコマンドとして、lsがありますが、たまに打ち間違えてslとかやっちゃうと蒸気機関車がコンソールを横切るってのがあります。
従来の sl コマンドを Windows で動かすには、Cygwin などの擬似UNIX環境が必要で、敷居が高かったので Win32 用に移植をしてみました。
ただ、そのまま動かすだけではつまらないので、SE(効果音)も付けてみました。
sオプションでSEを抑制できます。(デフォルトで再生)
画面を横切るSLの勇姿をじっくり見たい人の為に、速度調節オプションも追加しています。(-1〜-9:デフォルトは-2)
SE(効果音)について SLの音を公開しているサイト「E127野村の鉄道音のページ」の管理人であるE127野村様に許可を頂き、プログラムのリソースに格納しています。

動作環境

SL for Win32 Consoleの対応動作環境
ソフト名:SL for Win32 Console
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: 新山(へろぱ) 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンドプロンプト  SL  爆走 


「ジョークソフト」カテゴリーの人気ランキング

  1. デスクトップ遠隔プログラム ネットワークを介して他人の端末を遠隔操作できる悪戯ソフト(ユーザー評価:3)
  2. 日本語シャッフル 入力された文章をシャッフルして、ナンセンスな文章を生成する(ユーザー評価:0)
  3. 人工知能"パソコンと会話" 貴方のパソコン(人口知能)と会話が出来る(ユーザー評価:4.5)
  4. なでしこウイルスもどき なでしこで開発したウイルスのようなジョークソフト(ユーザー評価:0)
  5. 何もしないソフト 本当に何もしません(ユーザー評価:4.5)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック