脚注をリンクにしてHTML化するマクロ

脚注のある文書をホームページで一太郎の画面と同じように表示


ソフト詳細説明

☆はじめに

最近はホームページに論文を公開している人がたくさんいます。そこで自分も公開しようと思ったときに困るのが脚注の扱いです。一太郎は文書をHTML形式で保存することができますが、本文と脚注の間のつながりが切れてしまいます。リンクが使えないのはもったいないですし、画面上で読むときにはとても不便です。だからといって自力でいちいちリンクを付けるのは、脚注が何十も何百もある場合にはとても不可能です。というわけで、フレーム機能を使って、一太郎の編集画面と同じように、脚注番号をクリックすることで、脚注と本文の間を行ったり来たりできるHTML文書を作成するマクロを作りました。

☆使い方

このマクロを実行し、変換したい一太郎文書(脚注のある論文)を指定します。
論文の長さによってずいぶんかかることもありますが、しばらく待つとマクロが終了し、指定した一太郎文書と同じフォルダに、三つのHTMLファイル(本文、脚注、フレーム)が作成されます。例えば、「ronbun.jtd」を変換すると、「ronbun _honbun.htm」、「ronbun_note.htm」、「ronbun_frame.htm」ができます。「ronbun _frame.htm」をブラウザ(インターネット・エクスプローラ、ネットスケープ、JUSTVIEWなど)で読み込み、うまく表示されるたならば、FTPソフトで自分のホームページに転送しましょう。三つのHTMLファイルは同じフォルダに置いてください。

☆インストール方法

圧縮ファイルを解凍し、中にある一太郎文書を開くと、「Autoloadマクロを実行します。よろしいですか?」と聞いてくるので、「はい」を選びます。これでシステムマクロに登録されるので、お好みに応じて、メニューやツールボックスに割り付けて使ってください。

動作環境

脚注をリンクにしてHTML化するマクロの対応動作環境
ソフト名:脚注をリンクにしてHTML化するマクロ
動作OS:Windows 2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: HAPPY 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ホームページ  文書  一太郎  脚注 


「一太郎・花子等用」カテゴリーの人気ランキング

  1. 漢文訓点入力マクロ 一太郎版 一太郎上で外字を使うことなく、漢文の訓点の入力を支援するマクロ(ユーザー評価:0)
  2. ファイル形式一括変換 指定のフォルダ内の複数のファイルを、指定の形式に一括変換して保存するマクロ(ユーザー評価:0)
  3. 新旧漢字交代 新漢字を旧漢字へ、あるいは旧漢字を新漢字へ変換(ユーザー評価:0)
  4. 連番ランク目次インデント自動作成 A4横書き文書の作成中に、キー操作1回で連番,目次,1行目、2行目インデント,ランク設定をするマクロ(ユーザー評価:0)
  5. 花子ビューア 花子がなくても、花子図面を閲覧・スライド・印刷できる!(ユーザー評価:4.5)

「ワープロ用」カテゴリのソフトレビュー

  • TreeProoF with Wiki Tale 3.02 - ツリー構造でテキストを管理できるWikiライクなアウトラインプロセッサ
  • NanaTree 0.96β3 - ノードの階層管理やリッチテキストによる装飾が可能なメモ帳ソフト
  • CV 1.0.1 Build 103 - HTMLの生成をはじめ、多彩な機能を利用できるアウトラインプロセッサ
  • ZLCan 1.01 - 用途に応じて3種類の表示モードを使い分けられる階層型エディタ
  • Nami2000 1.90.8 - テキストベースで軽快に動作するアウトラインプロセッサ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック