SHCmdFile.VBS

ドロップで消えない引数付きのコマンドラインへのリンク(.SCF)ファイル


ソフト詳細説明

アプリケーションを引数付きで起動したいとき、リンク(.LNK)ファイルでは、「リンク先」に引数を付けることが出来ます。
しかし、Windows98では、そのアイコンにファイルをドロップすると、引数が消えてファイル名に置き換わってしまいます。
例えば、テキストファイルを印刷するために「NotePad.EXE /P」というショートカットを作ってファイルをドロップしても印刷してくれません。
また、ドロップでは作業ディレクトリが不定になります。
というわけで、引数付きのコマンドラインで、かつ、ドロップしたファイル名がさらに付加されるリンク(.SCF)ファイルです。
特殊なコマンドラインやドロップで作業ディレクトリを指定したいときに特に有用です。

動作環境

SHCmdFile.VBSの対応動作環境
ソフト名:SHCmdFile.VBS
動作OS:Windows XP/Me/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 吉岡 照雄 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンド  引数  ライン  SCF 


「コマンドライン」カテゴリーの人気ランキング

  1. Mutter Launcher スタートメニュー等の内容を部分文字列で検索&起動可能な半コマンド型ランチャー(ユーザー評価:4.5)
  2. ShellExecuter アプリの実行、タスク制御、ホットキー登録、WEB検索、その他多くの機能を持つコマンドラインランチャー(ユーザー評価:0)
  3. ClipCommand 命令形式のコマンドラインランチャ/辞書引きツール 時計合わせ機能付き(ユーザー評価:0)
  4. Magic Spell 一般的な機能に加えて,キーボード操作の代理までできてしまう普段は表示されないコマンド入力式ランチャー(ユーザー評価:0)
  5. Sxac 様々な機能を搭載した、軽快で多機能なコマンド型ランチャー(ユーザー評価:0)

「プログラムランチャー」カテゴリのソフトレビュー

  • Wizmo 1.1 - シャットダウンやスクリーンセーバなどをショートカットで実行・起動できるユーティリティ
  • Kick in 2000 5.23 - タスク管理も行える“超スピーディー”な高機能ランチャ
  • Orchis 3.01 - 複数のメニューを使い分けられる高機能メニュー型ランチャ&ファイラ
  • PicoPad for Windows 7.50 - コマンド入力で快適にアイテムを開ける超小型デスクトップアクセサリ
  • ShellExecuter 3.7 - タスク制御も可能な多機能コマンドラインランチャ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック