標準偏差・平均・中央値

テキスト形式データの標準偏差・平均・中央値を算出するコンソールアプリ


ソフト詳細説明

◎何をするもの?
半角のスペース、TAB、カンマで区切られたデータファイルに対して、標準偏差・平均
・中央値を求めるためのコマンドラインプログラムです。Excel等の大型アプリケーションを起動することなく、簡潔に求められます。また、行の途中から途中までのデータも計算できます。なお、行、列ともに制限はありません。メモリの許す限り巨大なデータが扱えます(逆に言うとメモリに読み込めないほど巨大なファイルは扱えません)。
Linux等でも使えるようにソース添付です(が、ヘッダは添付してないので、必要な方はメール下さい)。

◎制限
列の数や区切り文字は先頭行を見て決定しています。先頭行の列数とその他の行の列数が異なっていると、正常に動作しません。

◎どうやって使うの?
MS-DOSプロンプト(コマンドプロンプト)のコマンドラインから、

sd 処理すべきファイル名

と打ち込んでください。もし、途中の行から計算をはじめたい場合は、

sd 処理すべきファイル名 開始行 終了行

と打ち込んでください。終了行の番号が分からない場合は、大きな値を入れると自動検出します。結果は、元ファイルの区切り文字に合わせて、同じフォーマットで画面に出力されます。

動作環境

標準偏差・平均・中央値の対応動作環境
ソフト名:標準偏差・平均・中央値
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 星野 香奈 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

テキスト  算出  コンソール  平均  偏差  中央 


「アーカイブユーティリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Lhaplus 追加のDLL不要で多数の解凍(デコード)、圧縮(エンコード)形式に対応したアーカイバ(ユーザー評価:4.5)
  2. Pika Zip 忘れてしまったZIPのパスワードを調べます(ユーザー評価:4.5)
  3. Lhaca デラックス版 DLL不要で、LZH,ZIP,CAB,GZ,Z,BZ2,TAR,TGZ,TAZ,TBZ,JAR,ARJ,RARファイルの圧縮・解凍・分割・一覧が可能(ユーザー評価:4)
  4. +Lhaca ドラッグ&ドロップ操作により、簡単にファイルの圧縮・解凍が可能 DLL不要(ユーザー評価:4.5)
  5. Lhasa32 LHA & zip のアーカイブファイルを解凍(ユーザー評価:4)

「アーカイブユーティリティ」カテゴリのソフトレビュー

  • ExtractNow 4.8.2.0 - 豊富な実行オプションが用意され、イメージファイルの展開も可能な解凍専用ユーティリティ
  • PeaZip 4.4 - 130以上の形式に対応した、エクスプローラと同様の感覚で使えるアーカイブユーティリティ
  • Universal Extractor 1.6.1 - アーカイブ形式を自動判別してくれる、簡単操作の“なんでも一発解凍”ソフト
  • Safe Melt 32 3.20 - パスワード付きの自己解凍型アーカイブを簡単に作成できるファイル圧縮・分割ソフト
  • LhaOpen 2.07 - さまざまな圧縮形式のファイルを1つのウインドウ、エクスプローラのような操作方法で扱えるアーカイバ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック