ダイノロジカル -dynological-

ファイルの種類と拡張子を表示・変換できる(DLLなど導入で1000種類以上対応)


ソフト詳細説明

識別ソフトの新提案! 「ダイノロジカル」

主な機能
・ファイルの識別機能。
・拡張子の変更。および指定フォルダ内の拡張子の一括変更、一括識別。
・識別データセット機能。データのみをVerUPさせたり、複数のデータを動的に切り替えて使用可能。
(同梱データで識別できる形式は、175種類、193パターン)
・汎用アドイン−dino-による機能追加
・オンライン上のファイルを部分ダウンロードして識別できます。(要アドイン追加)
・極窓のDLL(WinEx32.dll)と連携し、のべ1000種類以上の拡張子に対応可能。(要アドインを追加)
*別途WinEx32.dllが必要です。極窓はNTSOFTさん作のツールです。
*極窓DLLを用いた識別にもオンライン上のファイルを指定することが出来ます。(要アドインを追加)
(ただし、この場合極窓DLLが対応するすべての形式には対応できません)
他にも、アドイン追加でメモリ解放、MP3再生などが出来ます。
・別途公開しているダイノロジカルDataCreatorを用いて、識別データセットを自作することが可能。
プログラム言語を用いずに自由に対応形式を増やせます(プログラム環境があれば更に自由に)
・ファイル名全体をリネーム可能。
(DataCreatorと併用しWebなどローマ字環境のファイルを日本語に変換し直す用途などを想定)
・各種アーカイブ(圧縮ファイル、偽装ファイル)の解凍
(.lzh/zip/cab/gca/ish/ace/rar/yz1/tgz/tar/gz/bz2/icoに対応)
*解凍には別途各DLLが必要です。*icoは自前の偽装形式
・ショートカットの作成。送るメニューに追加。
・アイコンにファイルをD&Dしても識別可能。(ミニウィンドウが出ます)

動作環境

ダイノロジカル -dynological-の対応動作環境
ソフト名:ダイノロジカル -dynological-
動作OS:Windows Vista/XP/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: AiTHER 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  拡張子  導入  DLL 


「ファイル名変更」カテゴリーの人気ランキング

  1. 練馬 ShiftJIS版 マクロ・置換・フィルタ・正規表現・スクリプトによる多段階リネーム、ファイル日時・属性の変更(ユーザー評価:2)
  2. XYplorerFree エクスプローラがサポートしていない機能も備えた高機能タブ型ファイラ(ユーザー評価:0)
  3. ReNamer Lite 複数のファイル/フォルダを対象にさまざまなルールでリネームできる(ユーザー評価:2.5)
  4. FNCVT 豊富なファイル名変換機能の他、属性や日時も変換、更にファイル削除やID3情報変換も可能(ユーザー評価:4.5)
  5. まるたけ リネームソフト、20種類の変換、使いやすいカラー(ユーザー評価:4.5)

「ファイル管理」カテゴリのソフトレビュー

  • 練馬 5.0 - 二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
  • フォルダ・オンリーコピー 2.0 - 階層構造を維持したまま、“フォルダツリーのみ”を指定ドライブ/フォルダにコピーできる
  • Q-Dir 5.99.9 - 2×2の四分割をはじめ、さまざまなレイアウトに切り替えて使える高機能ファイル管理ソフト
  • ReNamer Lite 5.74 - 複雑なリネーム処理も簡単な設定で行えるファイル名一括変更ソフト
  • XYplorerFree 13.70.0100 - カラフルな表示で見やすく、使いやすい多機能ファイル管理ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック