ノーIME2

アプリケーション毎の設定を自動または手動で切り替えるキー定義プログラム


ソフト詳細説明

タスクトレイに常駐して、機能キーを無効にしたり、任意のキーに他のキーや文字列(全角も可)を割り当てたり、ショートカットキーを割り当てたりするものです。
設定により任意の機能キーの機能を無効にしたり、文字を割り当てたりできますが、Windowsキー(Esc+Ctrlキー)、アプリケーションキー、Alt+スペースキーの機能は、設定に関係なく無効にします。(Windowsキー、アプリケーションキーを割り当てれば、それぞれの機能を有効にすることができます)
標準設定の他にアプリケーション毎に最大10の設定ができ、自動的に切り替えますが、手動で切り替えることもできます。

また、OSがWindowsXP、2000の場合は、NumLockキーを押してもOFFになりません。またOFFの場合は、起動時にONにします。
(設定によりNumLockONの機能を無効にすることもできます)

設定をするにはタスクトレイ上のアイコンを、マウスで左クリックするか、右クリックしたとき表示されるメニューから設定をクリックするかして、設定画面を表示させて行います。設定画面では各キーに任意の文字を割り当てたり、100文字までの文字列を割り当てることができます。

初期設定では、半角/全角キー、Altキー、F10キーの機能を無効にし、CapsLockキー単独(Shiftキーなし)でCapsLockのON、OFFの切り替えができる設定にしています。
(その他にも設定例として少し割り当てています)
初期設定で日本語入力モードにするには、Altキーと半角/全角キーを同時に押します。

また、変換機能のON・OFFのホットキーとしてPauseキーを設定しています。

画面に表示できるキーへの割り当てを、日本語入力モード中には無効にすることも、有効にすることも、キー毎に設定が可能です。
長い文字列の設定は、ファンクションキーへの割り当てがお勧めです。
特に設定モードを文字列(日本語入力モード時有効)で設定すれば、ほとんどのアプリケーションで有効になります。(Ctrl+Vでコピーが可能であれば有効です)

動作環境

ノーIME2の対応動作環境
ソフト名:ノーIME2
動作OS:Windows Vista/XP/Me/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 愛とゆり 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

キー  定義  手動 


「キーボード用」カテゴリーの人気ランキング

  1. 秀Caps 106キーボードの不便を解消(ユーザー評価:4.5)
  2. enthumble (アンサンブル) 使用頻度の高いキー操作を手もとで行えるようにする、簡単設定のカスタマイズソフト(ユーザー評価:4)
  3. Sチェンジャー ソフトによるキーボード・マウスの13台切替器 クリップボード転送機能あり(ユーザー評価:4.5)
  4. ノーIME2 アプリケーション毎の設定を自動または手動で切り替えるキー定義プログラム(ユーザー評価:4.5)
  5. ノーマウスカーソル キー入力でマウスカーソルを消し、マウス操作で表示(ユーザー評価:4.5)

「操作関係」カテゴリのソフトレビュー

  • クリックキャプチャーHi 4.66 - 操作手順を画面キャプチャとテキストとで連続記録。操作説明資料作成の手間を大幅に軽減してくれるソフト
  • enthumble 4.0 - 【無変換】キーを押している間だけキー割り当てを変えられる、手軽な“キーボード快適化ソフト”
  • StretchView 1.0 - 任意のデスクトップ領域を、拡大・回転・反転表示させることができるソフト
  • クリックキャプチャー 1.80 - マニュアルの作成に適したスクリーンキャプチャ
  • ノーIME2 4.02 - 機能キーの無効化やキー割り当ての変更を定義できるキーカスタマイズソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック