楽々ファイルリスト2001

1クリックでファイルの一覧リストをリンク先ファイルとしてHTMLファイル形式に出力


ソフト詳細説明

楽々ファイルリスト2001はPC端末のフォルダーのファイル一覧リストをHTMLファイル形式に出力するツールです。指定されたフォルダー内のファイルリストを1クリックで取得し、HTMLファイル形式に保存、そのままブラウザに表示すればファイル一覧表がリンク先ファイルとして全て参照する事が出来ます。ファイル一覧をHTMLで作成する際の補助ツールとして活用いただけます。ファイルサイズの一覧や作成日時の取得などを簡単にHTMLで作成することが出来ます。また、一度作成したデーターパターンは最大30種類まで登録可能となっています。自分のPC端末のファイル整理を行う時やネットワーク(LAN)内でのファイルを共有し公開する場合などにも威力を発揮します。

利用条件・試用期間中の制限など

試用期間は2週間です。試用期間の間は制限事項はありません。

動作環境

楽々ファイルリスト2001の対応動作環境
ソフト名:楽々ファイルリスト2001
動作OS:Windows Me/2000/98/95
機種:汎用
種類:シェアウェア :525円
作者: 鶴21 

お支払い

このソフトは有料ソフトです。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い

銀行振り込み/郵便振替あり
※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

HTML  クリック 


「ファイル一覧」カテゴリーの人気ランキング

  1. Filistry 指定フォルダ配下のファイル一覧をHTMLやXMLなどの形式でファイル出力(ユーザー評価:4)
  2. ファイルリスト作成機 指定したフォルダ以下にあるファイルの様々な情報(全80項目以上)をリスト化(ユーザー評価:4)
  3. WinTree フォルダの一覧をツリー形式で簡単に作成(ユーザー評価:4.5)
  4. ファイル構成テキスト化ツール ハードディスクや指定フォルダ以下のフォルダ&ファイル構成をテキストファイルにする 使い勝手が良い(ユーザー評価:3)
  5. ふなツリー 指定したフォルダ以下のファイル名を簡単操作で綺麗に階層出力(csv、txt、html)出力できる(ユーザー評価:4)

「ファイル管理」カテゴリのソフトレビュー

  • 練馬 5.0 - 二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
  • フォルダ・オンリーコピー 2.0 - 階層構造を維持したまま、“フォルダツリーのみ”を指定ドライブ/フォルダにコピーできる
  • Q-Dir 5.99.9 - 2×2の四分割をはじめ、さまざまなレイアウトに切り替えて使える高機能ファイル管理ソフト
  • ReNamer Lite 5.74 - 複雑なリネーム処理も簡単な設定で行えるファイル名一括変更ソフト
  • XYplorerFree 13.70.0100 - カラフルな表示で見やすく、使いやすい多機能ファイル管理ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック