32bitコマンド filetime

ファイルやディレクトリの日時(日付と時刻)を変更、書込禁止ファイルの日時も変更可能


ソフト詳細説明

filetimeコマンド(ファイル・タイム;ファイル日時変更コマンド)はファイルやディレクトリの日時(日付と時刻)を変更するソフトです。

◆変更できる日付時刻は生成日時(creation time), 書込日時(last write time), 読出日付(last read time, last access time)の 3つです。1〜3種類同時に変更可能です。
◆ファイル名にワイルドカードが使えますから、一度に複数のファイルを処理でき、日時を揃えるのに便利です。
◆ファイルだけの処理、ディレクトリだけの処理、両方の処理が出来ます。書込禁止ファイルの日時も変更可能です。
◆実行後、実際に書き込まれた日時をファイルから読み出して表示します。そのため、指定した日時と、書き込まれた日時が異なっていても、その確認が可能です。
◆日時を変更せず、日時の一覧を表示することも出来ます。
◆設定ファイル(filetime.cfg)により、オプション設定の登録が可能です。

■使用例
filetime * …… 全ファイルのファイル日時を表示(日時変更なし)
filetime /w2001:04:01/15:10:07 test.txt …… test.txtファイルの書込時刻を
2001年4月1日15時10分20秒に
filetime /wt15:10:20 test.txt …… test.txtファイルの書込時刻を15時10分20秒に
filetime * /w …… 全ファイルの書込日時を現在日時に
filetime * /c …… 全ファイルの生成日時を現在日時に
filetime * /c /w /r …… 全ファイルの日時を現在日時に
filetime * /w /o …… 書込禁止ファイル処理せず
filetime * /w /v= …… 表示なし

■実行例
C>filetime *.cpp↓ …… 変更前の全日時表示
Test.Cpp  C2001-01-02/08:21:02 W2001-01-03/20:21:12 R2001-01-03
TES2.CPP  C2001-01-03/18:17:21 W2001-01-04/04:08:07 R2001-01-05
TES123.CPP C2001-01-05/11:21:42 W2001-01-05/10:18:08 R2001-01-06

C>filetime /w *.cpp↓ …… 書込日時を現在日時に変更
Test.Cpp  W2001-01-09/20:58:08
TES2.CPP  W2001-01-09/20:58:08
TES123.CPP W2001-01-09/20:58:08

C>filetime /c /w /r *.cpp↓ …… 全日時を現在日時に変更
Test.Cpp  C2001-01-09/21:26:43 W2001-01-09/21:26:43 R2001-01-09
TES2.CPP  C2001-01-09/21:26:43 W2001-01-09/21:26:43 R2001-01-09
TES123.CPP C2001-01-09/21:26:43 W2001-01-09/21:26:43 R2001-01-09

WindowsXP対応

動作環境

32bitコマンド filetimeの対応動作環境
ソフト名:32bitコマンド filetime
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:サンプル版
作者: 平林 雅英 

この作品については、作者がコメント・評価を希望しておりません。

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

時刻  ディレクトリ  日付  禁止 


「タイムスタンプ・属性操作」カテゴリーの人気ランキング

  1. Change Timestamp ドラッグ&ドロップするだけでタイムスタンプを一括変更(ユーザー評価:4.5)
  2. EzFileAge ファイル/フォルダの更新日時/作成日時や属性を変更(ユーザー評価:0)
  3. 納入助 ファイル/フォルダのタイムスタンプ、属性、Officeドキュメントプロパティの一括変更が行える(ユーザー評価:2.5)
  4. ファイル更新日時変更ツール ファイルの更新日時を変更する(ユーザー評価:3)
  5. Fpgchg Excel,Word,PowerPointの作成日時、前回保存者、編集時間、前回印刷日の変更(ユーザー評価:0)

「ファイル管理」カテゴリのソフトレビュー

  • 練馬 5.0 - 二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
  • フォルダ・オンリーコピー 2.0 - 階層構造を維持したまま、“フォルダツリーのみ”を指定ドライブ/フォルダにコピーできる
  • Q-Dir 5.99.9 - 2×2の四分割をはじめ、さまざまなレイアウトに切り替えて使える高機能ファイル管理ソフト
  • ReNamer Lite 5.74 - 複雑なリネーム処理も簡単な設定で行えるファイル名一括変更ソフト
  • XYplorerFree 13.70.0100 - カラフルな表示で見やすく、使いやすい多機能ファイル管理ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック