RubyRasShut

ダイアルアップの切断や無通信を検出してWindowsを終了


ソフト詳細説明

RubyRasShutはダイアルアップの切断を検出して自動でWindowsをシャットダウン、再起動、ログオフなどの処理を行います。またダイアルアップの無通信を監視して、同様の処理を行うことも出来ます。

Webやパソコン通信の自動巡回ソフトや自動ダウンロードソフト、さらにWindowsUpdateなどとこれらの機能とを連動させることにより、ダウンロードなどに時間がかかる処理を行うときにコンピュータを放っておく場合でも、自動でWindowsを終了することができます。

動作環境

RubyRasShutの対応動作環境
ソフト名:RubyRasShut
動作OS:Windows 2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: BBC870 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

通信  検出  切断  ダイアル 


「システム起動・終了」カテゴリーの人気ランキング

  1. Wake up On Lan Tool GUIで手軽にLAN上のマシンを起動(Wake up On Lan)リモートシャットダウン機能付き(ユーザー評価:4.5)
  2. Powericon Windowsの終了操作をタスクトレイに常駐するプログラム(ユーザー評価:0)
  3. P-シャットダウンタイマー 指定した時刻にWindowsをシャットダウン 再起動 ログオフ パワーオフ 休止状態 スタンバイ ロックをする(ユーザー評価:4.5)
  4. WinDown シャットダウン・再起動・ログオフ・スタンバイ・休止・ロック・USBメモリのイジェクトを素早く楽に行う(ユーザー評価:3.5)
  5. キャッシュを消して電源切りマス キャッシュや履歴、Cookieを消してから、電源を切る(ユーザー評価:3.5)

「システム起動・終了」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック