APPEXEC

実行/終了を自動的に繰り返す


ソフト詳細説明

ソフトを開発しているとデバックのために何回も実行/終了を繰り返したいときがあります。このソフトはこれを自動的にするソフトです。

実行するとウインドがでてきます。ウインドの中には次の項目があります。

1.前処理コマンド
「2.実行コマンド」を実行する前に実行したいコマンド(Windows orDOS ソフト名)を指定します。ない場合は空白のまま。ある特定の条件でデバックしたい場合、その特定の条件にするためのコマンドを記述します。(そのコマンドは各自作成する必要があります)

2.実行コマンド
実行コマンドを記述します。念のためフルパスで指定したほうがいいでしょう。

3.実行時間
「2.実行コマンド」を実行したあとこの秒数たった後、強制終了します。再び前処理コマンドから始まります。強制終了には TerminateProcess を使用しています。

4.クラス名
「2.実行コマンド」のクラス名を指定します。

5.キャプション名
「2.実行コマンド」のキャプション名を指定します。

6.クラスで終了させる
このチェックボックスをオンにした場合「4.クラス名」「5.キャプション名」を指定する必要があります。これらの取得には SPY++ などのツールを使用するといいでしょう。

ソフトの終了に TerminateProcess を使用しているのですが、タスクトレイ(スタートバーの一番右側のところ。時間やかな漢字変換が表示されているところ)に駐在するソフトの場合、これで終了させるとアイコンがそのまま残ってしまいます。(マウスをそのアイコンの上に持っていくと消えるのですが)これを防ぐためチェックボックスをオンにした場合 PostMessage を使用して終了させます。ただし「4.クラス名」「5.キャプション名」が必要になります。

7.START/STOP
コマンドのくり返し実行をスタート/ストップさせます。

動作環境

APPEXECの対応動作環境
ソフト名:APPEXEC
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: M.Mizunami 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

自動的 


「システム起動・終了」カテゴリーの人気ランキング

  1. Wake up On Lan Tool GUIで手軽にLAN上のマシンを起動(Wake up On Lan)リモートシャットダウン機能付き(ユーザー評価:4.5)
  2. Powericon Windowsの終了操作をタスクトレイに常駐するプログラム(ユーザー評価:0)
  3. P-シャットダウンタイマー 指定した時刻にWindowsをシャットダウン 再起動 ログオフ パワーオフ 休止状態 スタンバイ ロックをする(ユーザー評価:4.5)
  4. WinDown シャットダウン・再起動・ログオフ・スタンバイ・休止・ロック・USBメモリのイジェクトを素早く楽に行う(ユーザー評価:3.5)
  5. キャッシュを消して電源切りマス キャッシュや履歴、Cookieを消してから、電源を切る(ユーザー評価:3.5)

「システム起動・終了」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック