Unlha Automation Server

Unlha32.dllをオートメーション経由で利用するためのサーバ


ソフト詳細説明

WSHで利用できるVBScriptはDLLの関数を呼び出すことができないのでUnlha32.dllを利用してファイルの圧縮解凍などができません。
WSHを利用してバッチ的な処理をするとき、Unlha32.dllが使えないと不便なので、VBScriptからでも利用できるようにUnlha32.dllをラップするオートメーションサーバを作成しました。

VBScriptだけでなく、ExcelやWordのVBAやVisual Basicからも利用できます。これらの環境を利用の方でDeclare文を書くのが面倒だという方にも便利だと思います。

動作環境

Unlha Automation Serverの対応動作環境
ソフト名:Unlha Automation Server
動作OS:Windows NT/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 野村 修 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

サーバ  dll  オートメーション  Unlha 


「LHA用」カテゴリーの人気ランキング

  1. LHaBOX ドラッグ&ドロップで簡単に書庫ファイルを作成するツール(ユーザー評価:0)
  2. LHA95 高機能LHA圧縮解凍ツール(圧縮15種/解凍17種)(ユーザー評価:0)
  3. EasyLzh Lzh簡単圧縮・解凍・自己解凍ファイル作成(Windows2000対応)(ユーザー評価:0)
  4. CommandLine LHA32 コマンドプロンプトからUnlha32.dllを使い圧縮、解凍等をする(ユーザー評価:0)
  5. 圧縮・解凍ソフト「K&S」 lzh形式のファイルの解凍と圧縮を行う(ユーザー評価:0)

「アーカイブユーティリティ」カテゴリのソフトレビュー

  • ExtractNow 4.8.2.0 - 豊富な実行オプションが用意され、イメージファイルの展開も可能な解凍専用ユーティリティ
  • PeaZip 4.4 - 130以上の形式に対応した、エクスプローラと同様の感覚で使えるアーカイブユーティリティ
  • Universal Extractor 1.6.1 - アーカイブ形式を自動判別してくれる、簡単操作の“なんでも一発解凍”ソフト
  • Safe Melt 32 3.20 - パスワード付きの自己解凍型アーカイブを簡単に作成できるファイル圧縮・分割ソフト
  • LhaOpen 2.07 - さまざまな圧縮形式のファイルを1つのウインドウ、エクスプローラのような操作方法で扱えるアーカイバ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック