AutoPlay

CD-ROM の AutoPlay(AutoRun)を利用するためのユーティリティ


ソフト詳細説明

Win 95 では CD は AutoPlay (AutoRun) が使えます。
初心者でもディスクを挿入するだけで、所定のアプリが動き出し、自動的にアプリをインストールできるのはご承知の通り。

せっかく CD-R を買ったなら、 AutoPlay (AutoRun) CD-ROM を作りたいのは人情というものでしょう。

でも、自分でこれを書いてみても、動作確認をするためには一度 CD-R を焼かないといけませんね。 CD-R は「焼き直し」はできませんから、もしスペルを間違っていたなどの単純ミスがあったら悲惨ですね。
で、 FD や MO でこの AutoPlay (AutoRun) を試すことができればいい訳ですね。間違えても何度でも満足がいくまで書き換えてリトライできる。

とどのつまり、CD-R の AutoPlay (AutoRun) のテストをするためのユーティリティの登場というわけです。


● AutoRunMenu 複数システム選択メニュー ( AutoMenu.exe )

Autorun.inf で指定できる自動実行ファイルは1つだけですね。
じゃあ、2つ以上のシステム(アプリなど)を、ディレクトリを切って入れてある場合はどうするの?
それで、簡単なメニューソフトを作りました。
AutoMenu.ini を書き換えるだけで簡単にメニューを変えられるようにして。

動作環境

AutoPlayの対応動作環境
ソフト名:AutoPlay
動作OS:Windows 95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Ogo 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ユーティリティ  CD  AutoPlay  ROM  AutoRun 


「CD-ROM関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. Virtual CD-ROM Case リムーバルメディアの管理、閲覧ソフト(ユーザー評価:3.5)
  2. Virtual X 超高速RAMドライブ・仮想CD−ROMドライブ・仮想HDドライブ作成(Windows2000対応)(ユーザー評価:0)
  3. かんべ CD-R/RW、およびDVD±R/RWに対応したライティングソフト(ユーザー評価:4.5)
  4. Daemon Tools Shell Extension 右クリックメニューからCD-ROMのイメージファイルをマウントできるよう拡張(ユーザー評価:4)
  5. CDトレイ開閉.exe CDトレイ開閉するだけのソフト(ユーザー評価:3.5)

「ディスク用」カテゴリのソフトレビュー

  • WinDirStat 1.1.2 - グラフィカルなマップでわかりやすい、ファイル/フォルダのディスク占有状況ビューア
  • MagicDisc 2.7.106 - CD/DVDのイメージファイルも作成できる仮想ドライブユーティリティ
  • Gmail Drive shell extension 1.0.18 - Gmailをローカルドライブのような使い勝手にしてくれるシェル拡張ソフト
  • Disk SpeedUp 1.4.0.888 - 自動実行やスケジュール実行にも対応した、高速・軽快なデフラグソフト
  • Recover Files 3.28 - 対象をファイルの種類で分類してくれる、簡単操作のファイル復元ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック