にせSecond Chance for Win95

拡張子に対して複数のソフトを選択起動


ソフト詳細説明

 Windows3.1では、1つの拡張子当たり、1つの実行ファイルしか関連付け出来ませんでした。(ファイルマネージャ)
 で、Windows95では、1つの拡張子当たり、複数の実行ファイルに関連付け出来るようになりました。(エクスプローラ)
 しかし、エクスプローラは、「アイコン」中心なのにもかかわらず、この複数アプリの関連付けでは、「文字」表示になっています。

 で、そこで、登場するのが、複数の「関連付け」が出来、実行ファイルをアイコン表示してくれる、このソフトです。ソフト名にあるように、元ネタは、Second Chanceというソフトです。一つの拡張子あたり、最大10個のファイルが登録できるようになっています。複数の関連付けをしたものは、その関連付けしたアプリケーションのアイコンのボタンで選択できるようになっています。関連付けの登録も、比較的簡単に出来るようになっています。

Ver0.4bとの変更点は
・設定画面上で、デフォルトアプリケーションを登録出来るようにしました。
・Shiftキーを押した時のみ、選択メニューが立ち上がるようなモードを追加しました。。
・Iniファイルの各情報の意味合いを若干変更。(上記のShiftキー対応関係で)
・今までは、拡張子はすべてにせSecond Chanceに関連付けしていたためどの拡張子でも同じアイコンだったのを、デフォルトアプリケーションのアイコンになるようにした。(レジストリ関係設定)
・上記の関係により、レジストリ登録方法を変更。
です。

あと、おまけとして、「Shellexe」が入っています。(内容は、ドキュメント参照)

(注意)Win3.1ユーザーの方は、16Bit版の方をダウンロードしてください。

動作環境

にせSecond Chance for Win95の対応動作環境
ソフト名:にせSecond Chance for Win95
動作OS:Windows 95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 綿100号 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  拡張子 


「ファイルマネージャ・エクスプローラー関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. CopyExt ファイルのコピーを便利にするエクスプローラーのアドイン(ユーザー評価:4.5)
  2. HideExp 新発想のエクスプローラアクセサリ(ユーザー評価:4)
  3. EzExpEx ファイルの日時や属性を変更、更新されたファイルのみコピー、などの機能を追加(ユーザー評価:0)
  4. FFolder フォルダ移動やサイズ調整、操作を快適に! Windowsのフォルダ用ツール(Windows Vista完全対応版)(ユーザー評価:3.5)
  5. ExpBarEx エクスプローラに《ここに移動》や《これで開く》ツールバーを追加する(ユーザー評価:0)

「ファイル管理」カテゴリのソフトレビュー

  • 練馬 5.0 - 二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
  • フォルダ・オンリーコピー 2.0 - 階層構造を維持したまま、“フォルダツリーのみ”を指定ドライブ/フォルダにコピーできる
  • Q-Dir 5.99.9 - 2×2の四分割をはじめ、さまざまなレイアウトに切り替えて使える高機能ファイル管理ソフト
  • ReNamer Lite 5.74 - 複雑なリネーム処理も簡単な設定で行えるファイル名一括変更ソフト
  • XYplorerFree 13.70.0100 - カラフルな表示で見やすく、使いやすい多機能ファイル管理ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック