LZHAPL

書庫内ファイル 拡張子起動


ソフト詳細説明

<<LZHAPLって何?>>
このプログラムは、圧縮ファイル(拡張子LZH)をエクスプローラー等から拡張子起動により起動されファイルを解凍して、さらにその解凍されたファイルを更新するアプリを拡張子起動により起動し、ファイルが更新された場合は元の圧縮ファイルに圧縮し直すというソフトです。
文字で説明すると分かりにくいので例で説明します。

例えば、「絵.LZH」という書庫ファイルがあるとします。この書庫の中には、「絵.BMP」とファイルが圧縮されて格納されているとします。

 1 エクスプローラーから「絵.LZH」をダブルクリックします。
 2 拡張子起動によりLZHAPLが起動されます。
 3 LZHAPLが「絵.LZH」を解凍し「絵.BMP」が作成されます。
 4 LZHAPLがペイントを拡張子起動により起動します。
 5 「絵.BMP」がペイントで更新可能な状態になります。
 6 必要な更新を行った後、ペイントを閉じて下さい。
 7 待機していたLZHAPLが必要に応じて再度ファイルを圧縮します。

 以上のような動きをします。

<<どんな使い方ができるの?、どんなメリットがあるの?>>
・LAN環境でのファイル転送の高速化(ファイルサイズが小さくなるため)
・サーバー上の使用量の縮小
・その他適当に・・・

<<何のためにつくったの?>>
・職場のLANサーバーの効率使用のため
・職場のLAN上のファイル転送の高速化のため

動作環境

LZHAPLの対応動作環境
ソフト名:LZHAPL
動作OS:Windows 95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Fox 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

起動  拡張子  書庫 


「LHA用」カテゴリーの人気ランキング

  1. LHaBOX ドラッグ&ドロップで簡単に書庫ファイルを作成するツール(ユーザー評価:0)
  2. LHA95 高機能LHA圧縮解凍ツール(圧縮15種/解凍17種)(ユーザー評価:0)
  3. 解凍のおっさん 2 圧縮ファイルを、まーまー簡単に解凍する、解凍専用ソフト(ユーザー評価:0)
  4. ExFreeze D&Dで起動する簡単圧縮ツール(ユーザー評価:0)
  5. XLHA2000 UNLHA32.DLLを利用してファイルの解凍、圧縮をします エクスプローラからも利用可能(ユーザー評価:0)

「アーカイブユーティリティ」カテゴリのソフトレビュー

  • ExtractNow 4.8.2.0 - 豊富な実行オプションが用意され、イメージファイルの展開も可能な解凍専用ユーティリティ
  • PeaZip 4.4 - 130以上の形式に対応した、エクスプローラと同様の感覚で使えるアーカイブユーティリティ
  • Universal Extractor 1.6.1 - アーカイブ形式を自動判別してくれる、簡単操作の“なんでも一発解凍”ソフト
  • Safe Melt 32 3.20 - パスワード付きの自己解凍型アーカイブを簡単に作成できるファイル圧縮・分割ソフト
  • LhaOpen 2.07 - さまざまな圧縮形式のファイルを1つのウインドウ、エクスプローラのような操作方法で扱えるアーカイバ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック