UN*32.BAS

圧縮/展開/復元ライブラリをVisualBasic4.0から使うためのAPI関数宣言集


ソフト詳細説明

圧縮/展開/復元ライブラリ(UNLHA32.DLL,UNARJ32J.DLL,UNZIP32.DLL,ISH32.DLL,TAR32.DLL)をVisualBasic4.0から使うためのAPI関数宣言集です。(定数も含む)
どうぞLHA等を用いたソフト作成に使って下さい。
ファイルの構成はそれぞれのアーカイバに対応したヘッダファイルがあります。
また,5種のヘッダファイルをエラーが起きないように合体させたものも入れました(UNPACK32.BAS)。これを入れておけば,5種のアーカイバのAPIすべてを宣言したことに
なります。またコマンドライン引数をDLLに渡す(サンプル)ソフト,UNPK32??.LZH(UN*32.EXE)をFWINAL LIB#4にアップロードしています。DLLへの引数の確認等に使えると思います。(たぶん)

●使い方
例えば,LHAを使いたい場合は,UNLHA32.BASかUNPACK32.BASをプロジェクトに組み込んで下さい。具体的にコードの中では,
On error goto errorhandle:
dim version%
version=UnlhaGetVersion
という感じでDLLが入っているかチェックして,
dim r&
r=Unlha(Me.hwnd,"a -xr syoko.lzh files","",0) '圧縮
(又はr=Unlha(Me.hwnd,"x syoko.lzh files","",0)で解凍)
というようにできます。詳しくは,各DLLに付属の説明を見て下さい。
またUNPK32??.LZH(FWINAL LIB#4)のサンプルプログラム(ソース付)も参照してみてください。

動作環境

UN*32.BASの対応動作環境
ソフト名:UN*32.BAS
動作OS:Windows 95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 吉岡 恒夫 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

関数  圧縮  ライブラリ  復元  展開  宣言  API  VisualBasic 


「アーカイブユーティリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Lhaplus 追加のDLL不要で多数の解凍(デコード)、圧縮(エンコード)形式に対応したアーカイバ(ユーザー評価:4.5)
  2. Pika Zip 忘れてしまったZIPのパスワードを調べます(ユーザー評価:4.5)
  3. Lhaca デラックス版 DLL不要で、LZH,ZIP,CAB,GZ,Z,BZ2,TAR,TGZ,TAZ,TBZ,JAR,ARJ,RARファイルの圧縮・解凍・分割・一覧が可能(ユーザー評価:4)
  4. +Lhaca ドラッグ&ドロップ操作により、簡単にファイルの圧縮・解凍が可能 DLL不要(ユーザー評価:4.5)
  5. Lhasa32 LHA & zip のアーカイブファイルを解凍(ユーザー評価:4)

「アーカイブユーティリティ」カテゴリのソフトレビュー

  • ExtractNow 4.8.2.0 - 豊富な実行オプションが用意され、イメージファイルの展開も可能な解凍専用ユーティリティ
  • PeaZip 4.4 - 130以上の形式に対応した、エクスプローラと同様の感覚で使えるアーカイブユーティリティ
  • Universal Extractor 1.6.1 - アーカイブ形式を自動判別してくれる、簡単操作の“なんでも一発解凍”ソフト
  • Safe Melt 32 3.20 - パスワード付きの自己解凍型アーカイブを簡単に作成できるファイル圧縮・分割ソフト
  • LhaOpen 2.07 - さまざまな圧縮形式のファイルを1つのウインドウ、エクスプローラのような操作方法で扱えるアーカイバ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック