Open Watcom C/C++ 日本語化プロジェクト版

Open Watcom C/C++ のIDEを日本語化、コンパイラを改良し文字コードをUTF-8に変換するオプションを追加増設


ソフト詳細説明

本ソフトウェアは、米国Sybase社が公開したオープンソースソフトウェアのOpen Watcom C/C++ ver.1.7a(http://www.openwatcom.com/)を元に日本語環境で使用できるように部分的に修正を施したものです。

Open Watcom C/C++は、オープンソース以前は商品として販売されていました。
そのため、多数の長所を有しており、複数のホスト環境で複数のターゲット用のネーティブ・アプリケーションを作成できるという非常に高機能な開発環境です。しかし、日本語の環境では幾つか不具合を生じる個所があり改良が望まれています。

Open Watcom C/C++はver.1.2あたりからLinuxで実行可能なELF形式のプログラムが作成できるように整備されてきました。しかし、Linuxで採用されたマルチバイト文字コードのUTF-8をサポートしていませんでしたので、日本語を表示すると文字化けを起こしていました。

今回の修正は、Linux環境で発生する日本語の問題の一部を補完するものであります。これにより、MS Windowsの環境において、標準で日本語を表示できるLinux用プログラムが作成できるようになりました。

下に3点の修正個所を記します。

1. IDEの主要部分の英語表示を日本語に直しました。

2. Cコンパイラ(wcc386.exe、wccd386.dll)について、コンパイル時にソースコードに記されたshift-jis形式の文字列をUTF-8形式に変換するオプション・スイッチ(−zk0u8)を追加増設しました。

3. C++コンパイラ(wpp386.exe、wppd386.dll)についても、Cコンパイラと同じく、コンパイル時にshift-jis形式の文字列をUTF-8形式に変換するオプション・スイッチ(−zk0u8)を追加増設しました。

アーカイブファイルにはインストーラで導入される実行形式のプログラムとソースコードの差分を収録してあります。解凍後オリジナルのファイルと交換するか上書きコピーして使用してください。

動作環境

Open Watcom C/C++ 日本語化プロジェクト版の対応動作環境
ソフト名:Open Watcom C/C++ 日本語化プロジェクト版
動作OS:Windows Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 深川 修一郎 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  C++  オプション  コンパイラ  改良  日本語化  UTF-8  IDE  Open  増設 


「C言語」カテゴリーの人気ランキング

  1. GenTable C言語で使用するCRC計算用参照テーブル作成(ユーザー評価:0)
  2. BCC用クラスライブラリ Borland C++ Compiler利用者のためのクラスライブラリ(ユーザー評価:0)
  3. x87 拡張倍精度浮動小数点演算ライブラリ 80 bit 精度の浮動小数点演算を行うライブラリ(ユーザー評価:0)
  4. MZC3_Shareware Win32シェアウェア作成支援(ユーザー評価:0)
  5. MC Parser C言語のソースリストを入力して、フローチャートを自動生成する(ユーザー評価:0)

「C言語」カテゴリのソフトレビュー

  • CaslBuilder 1.0 - 情報処理技術者試験受験者に!! CASLシミュレータ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック