loadimgp.dll

『gif』,『jpg』,『png』ファイルをロードしてHBITMAPを取得 (利用例ソースコードつき)


ソフト詳細説明

Windowsで画像を扱うとき bmp ファイルはLoadImage等のAPIが用意されていて簡単に扱うことができますが、gif、jpg、pngを使おうとすると、メンドウだったり、専用のハンドルを利用していて使いにくいことが多いようです。

このloadimgp.dllではLoadImageと同じようにHBITMAPを返しますので今までLoadBitmapやLoadImageを使ってロードしていた部分をloadimgp.dllの関数に置き換えれば他は今までのままで、gifやjpg、pngなどのファイルに対応することができます。

HBITMAPを使ったプログラムの参考書や解説サイトは多いので、なにかと便利だと思います。
実際に動作するサンプルプログラムのソースコードを添付したのでdllを使ったことが方でもすぐに使えると思います。

動作環境

loadimgp.dllの対応動作環境
ソフト名:loadimgp.dll
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC PC-98 x64
種類:フリーソフト
作者: Guutara 

ユーザーの評価(1人):4.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

png  gif  jpg  』,『  コード  ロード  HBITMAP 


「各種DLL」カテゴリーの人気ランキング

  1. VisualBasic用 MP3操作DLL VBMP3 VisualBasic から MpegAudio を操作するライブラリ(ユーザー評価:0)
  2. ファイル名検索クラス 指定フォルダから指定拡張子のファイル名を検索するクラス(DLL) 子フォルダの検索も可 WinXP対応(ユーザー評価:0)
  3. VBA用 USB-IOコントロールDll VB、AB、Excelで簡単に汎用USB-IOをコントロール(ユーザー評価:0)
  4. YJ Studio シェアウェア 単体版 プログラム(命令が日本語)と3DCGが統合した、ゲーム開発ツール集(ユーザー評価:0)
  5. External IME Controler 別プロセスのIMEをコントロールするDLL(ソースコード込み)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック