Hotspot Case

画像の複数エリアに説明文が付けられるホットスポットソフト


ソフト詳細説明

Hotspot Case は図や絵、あるいは画像などの任意エリアに説明文やヒントを割り当てることができるソフトです。

地図や実験材料のある部分を説明したい、言葉だけでは分からない……、などなど画像を見ながらでないと、理解しにくい事柄はたくさんあります。
Hotspot Case ならエリアを指定して文章を入力するだけで、簡単に説明付き画像が作成できます。
ホットスポット(※)を割り当てたエリアにマウスを移動すると入力したヒントが表示されるようになります。ホットスポットを付けたまま画像を拡大/縮小できますので、適宜大きさを変えてご利用ください。

作者サイト(http://www2.ttcn.ne.jp/~tkky/)ではソースコードの解説をしています。 興味のある方は覗いてみてください。

※ホットスポット:最近は無線LANが使える場所(範囲)を示すことが多くなっていますが、Hotspot Case ではクリックされる場所を意味しています

動作環境

Hotspot Caseの対応動作環境
ソフト名:Hotspot Case
動作OS:Windows XP/2000/98
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Shibu 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エリア  スポット  ホット 


「WindowsHelp用」カテゴリーの人気ランキング

  1. doc2htmlhelp WordドキュメントからHTML Help形式のヘルプを生成(ユーザー評価:0)
  2. ヘルプましん 〜 HTML Help Designer 〜 HTML Help 作成支援ツール(ユーザー評価:4.5)
  3. シンプルウィザード はい、いいえで分岐するダイアログを自由に作成できる(ユーザー評価:0)
  4. HelpDesigner フリーのヘルプファイル作成支援ツール(ユーザー評価:4.5)
  5. Hotspot Editer日本語化パッチ VC++等の開発環境に付属しているHotspot Editerを日本語化(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック