GMacro

あなたのソフトにマクロ機能を付けよう!


ソフト詳細説明

G Macroとは、一言で言えば「C++用汎用マクロ環境ライブラリ」です。つまり、あなたの作ったソフトにマクロ機能を簡単に組み込めるライブラリです。マクロというのは、秀丸マクロや、WordやExcelのVBA(Visual Basic for Applications)のように、ユーザが簡単なプログラミング言語を使ってソフトの操作を自動化するものです。G Macroは、C++で作ったソフトなら、環境を問わず、どんなソフトにも組み込むことができる…はずでしたが、諸事情により今バージョンはWindowsのみ対応です(笑)。

G Macroのマクロ言語には、C言語風のものを採用しています。このライブラリはC++ Builder 4 Learning、Visual C++ 6 Standerdで動作確認しています。

Ver.1.1 … ヘルプを分かりやすくした。

動作環境

GMacroの対応動作環境
ソフト名:GMacro
動作OS:Windows Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: Gimite 市川 

ユーザーの評価(1人):2.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

マクロ 


「各種ライブラリ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Perl Code Converter Win32 PHP・C#・VB .NET・Perl・H8・Z80・SH・ARM・PowerPC・V850の汎用マイグレーションRPA(ユーザー評価:0)
  2. Run.VBS WScript.ShellのRun()関数の困った仕様の代替方法(ユーザー評価:3.5)
  3. PCBEライブラリマネージャ PCBEのライブラリファイルの管理をサポートする(ユーザー評価:0.5)
  4. EINLIB サーバ・クライアントの区別が不要な2台間インターネット通信ライブラリ(ヘッダファイル形式)(ユーザー評価:0)
  5. 2Dゲーム用仮想VRAMライブラリ DirectDraw利用のスプライト・グラフィックライブラリ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック